大國神社(駒込)

大国神社

正式名称 大國神社〔だいこくじんじゃ〕
御祭神 大己貴命
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都豊島区駒込3-2-11 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.daikokujinja.org/

【由緒概要】
天明3年(1783)大島家の先祖が現社地に勧請したことに始まる。以来、11代将軍徳川家斉をはじめ、武士から町人まで広く信仰を集めたという。明治12年(1879)崇敬者の大総代であった細川潤次郎男爵の協力で神社としての体裁を整えた。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

大國神社の御朱印

  • 大国神社の御朱印

    (1)

  • 大国神社の御朱印

    (2)

  • 大国神社の御朱印

    (3)

  • 大国神社の御朱印

    (4)

(1)平成18年拝受の御朱印。中央の朱印は大判に「大國神社」、右上は「大國神社」、左下は「大國神社社務所印」。

(2)平成24年拝受の御朱印。朱印・揮毫ともに平成18年のものと同じ。

(3)平成28年、甲子の日に拝受した御朱印。中央の朱印は戦前に用いられていた印で、「大國神社(外の円が「大」、中央に「國」)参拝記念 省線駒込驛前」。省線は省線電車のことで、後の国電、現在のJRの大都市圏の近距離路線(山手線や京浜東北線など)を指す。右上は大判に「大國神社」、左下に「大國神社社務所印」。右下は御祭神に因む打ち出の小槌と兎のスタンプ。

(4)平成29年拝受の御朱印。平成28年のものとほぼ同じだが、右下のスタンプのデザインが少し違う。

昔の御朱印

  • 昭和9年頃の御朱印

    (1)

(1)昭和9年頃の御朱印。中央の朱印は「大國主神社」、右上は「大國神社(外の円が「大」、中央に「國」)参拝記念 省線駒込驛前」、下は「社務所印」。

大國神社について

名称 大國神社
旧称 大國主神社
御祭神 大己貴命〔おおなむちのみこと〕
鎮座地 東京都豊島区駒込三丁目2番11号
創建年代 天明3年(1783)
社格等 旧無格社
例祭 5月10日(創立記念祭)
神事・行事 甲子の日/甲子祭
毎月1日/開運千人講祈祷祭

御由緒

天明3年(1783)に宮司・大島氏の先祖が下野国から駒込に移住した際、屋敷内に奉斎したことを創祀とする。以来、大田南畝や新門辰五郎、文学博士・細川潤次郎男爵など武家から庶民まで広く信仰を集め、11代将軍徳川家斉も内々に崇敬していたという。

明治12年(1879)当時の崇敬者の大総代であった細川男爵の協力により、神社としての体裁を整えた。

昭和20年の戦災により社殿等が焼失したが、戦後、再建された。さらに平成23年(2011)社殿・社務所の建て替えが行われた。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

  • 旧拝殿

    旧拝殿(平成18年)

メモ

駒込駅のすぐそば、旧称・妙義坂上に鎮座する小さな社。氏子を持たない崇敬神社であるが、かつては広く信仰を集め、甲子祭に授与される大國像はよく知られていたようだ。
平成24年の6月の初め、もとの境内に群生していた紫陽花が咲いていないだろうかと思って参拝したところ、社殿が建て替えられ、境内の様子も一変していた。御朱印は変わっていないようである(平成24年現在)。
※その後、珍しい戦前の御朱印が使用されるようになった(平成29年現在)。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする