代田八幡神社

代田八幡神社

正式名称 八幡神社〔はちまんじんじゃ〕
通称 代田八幡神社〔だいた はちまんじんじゃ〕
御祭神 応神天皇
社格等 旧村社
鎮座地 東京都世田谷区代田3-57-1 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
代田八幡神社は代田村の鎮守である。天正18年(1590)世田谷城主・吉良氏が没落した後、その家臣7家は代田村に土着、帰農した。翌19年(1591)世田谷八幡宮より御分霊を勧請し、鎮守としたのが始まりと伝えられる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

代田八幡神社の御朱印

  • 代田八幡神社の御朱印

(1)平成22年拝受の御朱印。中央の朱印は「八幡神社」。

代田八幡神社について

名称 八幡神社
通称 代田八幡神社
御祭神 応神天皇〔おうじんてんのう〕
鎮座地 東京都世田谷区代田三丁目57番1号
創建年代 天正19年(1591)
社格等 旧村社
例祭 9月第3土・日曜日
神事・行事 1月1日/元旦祭
2月3日/節分祭
6月20日/夏越大祓式
11月23日/新穀感謝祭
12月20日/年越大祓式
※『平成「祭」データ』による

御由緒

代田八幡神社は代田村の鎮守。別当は真言宗の代永山円乗院(代田2)であった。

天正18年(1590)小田原の役で世田谷城が開城した後、城主・吉良氏の家臣7家(清水・秋元・斎田(2家)・柳下・山田・大場)現在の円乗院の辺りに土着し、土地を開墾した。代田村草分けのこの人々が翌19年(1591)世田谷八幡宮から御分霊を勧請したことをもって創祀とする。なお、円乗院も彼らが菩提寺として創建したものと考えられている。

天和元年(1681)円乗院の二代法印定賢と氏子らによって現在の地に社殿が建立された。

明治7年(1874)村社に列格。昭和16年(1941)付属社であった大原稲荷神社が村社に昇格し、独立した。

昭和20年(1945)戦災で社殿、神楽殿、社務所などすべて焼失。昭和24年(1949)に社殿、昭和35年(1960)に神楽殿、参集殿が再建された。さらに平成23年(2011)社殿の改築が行われている。

拝殿前の鳥居は天明5年(1785)に建てられたもので、世田谷区内に残る鳥居では喜多見氷川神社の二の鳥居に次いで古く、区の有形文化財に指定されている。

写真帖

  • 東参道の鳥居

    東参道の鳥居

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 鳥居

    拝殿前の鳥居

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

小田急線世田谷代田駅から西に向かい、環状7号線を渡ったところに鎮座する。こぢんまりとした印象の境内だが、環状7号線の工事のために境内の約半分が収容されたそうで、かつてはもっとゆったりとした感じだったのであろう。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする