白山神社(小石川)

白山神社

小石川の白山神社は、天暦2年(948)加賀国一宮・白山比咩神社の御分霊を勧請したことに始まるという。当初の鎮座地は現在の本郷一丁目あたりだったが、元和2年(1616)巣鴨原(現在の小石川植物園)に遷った。しかし慶安5年(1652)館林藩の下屋敷の造営に伴い、現社地に遷座した。後に館林藩主・徳川綱吉が5代藩主となり、綱吉と生母・桂昌院の信仰を得たという。明治元年(1868)准勅祭社に列した。

正式名称 白山神社(はくさんじんじゃ)
御祭神 菊理姫命 伊弉諾命 伊弉冉命
社格等 旧郷社 元准勅祭社
鎮座地 東京都文京区白山5-31-26 [Mapion|googlemap]
アクセス 白山駅(三田線)より徒歩3分
本駒込駅(南北線)より徒歩5分
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

白山神社の御由緒

白山神社は、天暦2年(948)9月、現在の本郷一丁目に加賀国一宮・白山比咩神社を勧請したことをもって創祀とする。建武4年(1338)、足利尊氏によって祈願所とされた。

元和2年(1616)巣鴨原(現在の小石川植物園)に遷る。当時は白山社・氷川社(千石の簸川神社)・女体権現の三社が並んで鎮座していたという。

慶安5年(1652)、松平徳松(後の5代将軍・綱吉)を藩主とする館林藩の下屋敷(綱吉が将軍となった後、将軍の別邸となり、小石川御殿あるいは白山御殿と呼ばれた)が造営されることになり、現社地に遷座した(この時、簸川神社は原町へ、女体権現は伝通院内に遷されている)。この縁により、綱吉とその生母・桂昌院の深い信仰を得、小石川の鎮守として崇敬された。

元禄3年(1690)幕府より朱印地30石を賜る。

明治元年(1868)、准勅祭社に列する。同5年(1872)郷社に列格。白山の町名はこの神社に因む。明治32年(1899)拝殿を造営、昭和8年(1933)改修を行ったる

境内社の八幡神社は白山神社の地主神である。永承6年(1051)奥州へ向かう源頼義・八幡太郎義家父子に対し、敵将がこの地に兵を伏せて焼き討ちにしようとしていた。頼義・義家父子は桜の木に源氏の白旗を立て、石清水八幡宮を勧請して祈誓したところ、敵を打ち破ることができた。その奉賽として一社を建立したもので、この時白旗を立てたのが、八幡神社の社前にある白旗桜だという。

白旗桜は昭和10年(1935)国の天然記念物に指定されるが2年後に枯死。現在の桜はその後継樹とのことである。

白山神社の御朱印

  • 白山神社の御朱印

    (1)

  • 白山神社の御朱印

    (2)

(1)平成17年拝受の御朱印。中央の朱印は「白山大神之印」。左下の印は「白山神社之印」。

(2)平成28年拝受の御朱印。中央の朱印は平成17年のものと同じ「白山大神之印」。右下に「元准勅祭十社之内」。

写真帖

  • 東参道

    東参道の鳥居

  • 八幡神社

    八幡神社

  • 旗桜

    旗桜

  • 旗桜

    旗桜

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

参拝したのは4月。名高い白旗桜をはじめ、枝垂れ桜などが美しかった。6月の紫陽花も有名で、あじさいまつりには屋台なども並んで賑やかである。

白山神社の概要

名称 神社の正式名称
通称 神社の通称
旧称 神社の旧称
御祭神 菊理姫命〔くくりひめのみこと〕
伊弉諾命〔いざなぎのみこと〕
伊弉冉命〔いざなみのみこと〕
鎮座地 東京都文京区白山五丁目31番26号
創建年代 天暦2年(948)
社格等 旧郷社 元准勅祭社
例祭 9月21日(変更あり)
神事・行事 1月1日/歳旦祭
1月21日/新年祭・祈年祭
2月上午の日/初午祭
5月21日/春季例祭
6月中旬/あじさいまつり
6月30日/大祓
7月1日/富士神社例祭
8月15日/八幡神社例祭
11月21日/新嘗祭
12月5日/松尾神社例祭
12月31日/大祓
※『平成「祭」データ』による
巡拝 東京十社

※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする