今宮神社(今宮五社)

今宮神社

正式名称 今宮神社(いまみやじんじゃ)
通称 今宮五社(いまみやごしゃ)
御祭神 天照皇大神 素盞嗚尊 伊弉冉尊 誉田別尊 天児屋根命 大国主命 事代主命 速玉大神 少毘古那命 大宮比売命 猿田彦命
社格等 旧村社
鎮座地 東京都文京区音羽1-4-4 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
音羽の今宮神社は、今宮五社と通称される。元禄10年(1697)桂昌院(5代将軍綱吉の生母)の発願により、京都紫野の今宮神社の御分霊を護国寺境内に勧請したことに始まる。明治6年(1873)田中八幡(氷川神社と合祀して小日向神社となる)のあった現社地に遷座した。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

今宮神社の御朱印

  • 今宮神社の御朱印

平成17年に拝受した御朱印。中央の朱印は「五社今宮」。

今宮神社について

名称 今宮神社
通称 今宮五社
旧称 五社今宮大明神
御祭神 天照皇大神〔あまてらすおおみかみ〕(天照皇大神宮)
素盞嗚尊〔すさのおのみこと〕(今宮大明神・熊野三所権現)
伊弉冉尊〔いざなみのみこと〕(熊野三所権現)
誉田別尊〔ほんだわけのみこと〕(八幡大神)
天児屋根命〔あめのこやねのみこと〕(春日大明神)
大国主命〔おおくにぬしのみこと〕(今宮大明神)
事代主命〔ことしろぬしのみこと〕(今宮大明神)
速玉大神〔はやたまのおおかみ〕(熊野三所権現)
少毘古那命〔すくなひこなのみこと〕
猿田彦命〔さるたひこのみこと〕
菅原道真〔すがわらのみちざね〕
鎮座地 東京都文京区音羽一丁目4番4号
創建年代 元禄10年(1697)
社格等 旧村社
例祭 9月第1度・日曜日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
1月7日/新年祭
2月第1土曜日/節分祭
5月7日/中祭
6月30日/大祓
11月酉の日/天日鷲神社例祭
12月31日/大祓

御由緒

今宮神社は、元禄10年(1697)桂昌院(五代将軍徳川綱吉の生母)の発願により、護国寺建立に際して京都紫野の今宮神社から御分霊を勧請したことを創祀とする。桂昌院は紫野の出身で今宮神社への崇敬が篤く、社殿の再興なども行っている。

旧称は五社今宮大明神で、今宮五社と通称されるが、五社とは天照大神宮・八幡大神・春日大明神・今宮大明神・熊野三所権現である。

明治初めの神仏分離により、明治6年(1873)田中八幡(明治2年に氷川神社と合祀して小日向神社となる)があった現社地に遷座した。同5年(1972)村社に列格。同12年(1879)コレラ伝染除けの祭典が行われ、病気平癒の霊験があったという。

末社の天日鷲神社は明治9年(1876)阿波の忌部神社から勧請されたもので、11月の酉の日には商売繁盛の熊手を授与する。

写真帖

  • 社前

    社前風景

  • 天日鷲神社

    天日鷲神社

  • 拝殿

    拝殿

  • 神号額

    神号額

  • 本殿

    本殿

メモ

目白通りと高台の間のこぢんまりとした境内に鎮座する。拝殿の扁額は鳩山一郎元首相の書。音羽御殿と称される鳩山会館(元鳩山邸)がすぐ近くにあり、たぶん当社が氏神になると思われる。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする