北澤八幡神社

北澤八幡神社

正式名称 北澤八幡神社〔きたざわ はちまんじんじゃ〕
御祭神 応神天皇 比売神 神功皇后 仁徳天皇
社格等 旧村社
鎮座地 東京都世田谷区代沢3-25-3 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
文明年間(1469~87)当地が世田谷城の鬼門に当たることから城主の吉良頼康が勧請し、七澤八社随一正八幡宮として尊崇したという。江戸時代は下北沢村の鎮守で、別当は八幡山森巌寺であった。

北澤八幡神社の御朱印

  • 北澤八幡神社の御朱印

    (1)

  • 北澤八幡神社の御朱印

    (2)

(1)平成18年拝受の御朱印。中央の朱印は「北澤八幡宮」。右上に「七澤八社随弌」、右下に神輿の印。

(2)平成22年拝受の御朱印。中央の「北澤八幡宮」と右上の「七澤八社随弌」は平成18年のものと同じ。左下に「八幡神社社務所印」。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

北澤八幡神社について

名称 北澤八幡神社
通称 北澤八幡宮
旧称 八幡神社
御祭神 応神天皇〔おうじんてんのう〕
比売神〔ひめかみ〕
神功皇后〔じんぐうこうごう〕
仁徳天皇〔にんとくてんのう〕
鎮座地 東京都世田谷区代沢三丁目25番3号
創建年代 文明年間(1469~84)
社格等 旧村社
例祭 9月第1土・日曜日
神事・行事 1月1日/元始祭・歳旦祭
2月11日/紀元祭
2月17日/祈年祭
2月中午の日/初午祭
6月11日/嘉祥祭・弁天祭
6月30日/大祓
11月23日/新嘗祭
12月31日/大祓式・除夜祭
※『平成「祭」データ』による

御由緒

下北沢村の鎮守。正式名称は北澤八幡神社だが、北澤八幡宮の通称を用いることが多い。旧別当は八幡山森巌寺、結城秀康を開基とする浄土宗の名刹である。

森巌寺の火災で旧記・古文書が焼失したため由緒その他は詳らかでないが、文明年間(1469~87)世田谷城主・吉良頼康が城の鬼門鎮護として勧請したと伝えられる。

そのころ、世田谷付近には七沢と呼ばれる村々(北沢、上馬引沢、下馬引沢、野沢、奥沢、深沢、池沢などのこととされる)に8社の八幡宮があり、七沢八社と呼ばれていた(七沢八八幡とも)。中でも当社はその随一として崇敬されたという。現在も拝殿には「七澤八社随一正八幡宮」の額が掲げられている。

その後の歴史は明らかでないが、慶安3年(1650)当時の領主であった斎藤摂津守から従前と同じく社領7石4升を寄進する旨の黒印状が伝わっていたという(森巌寺の火災で焼失)。

現在の社殿は昭和53年(1978)の造営。旧本殿は嘉永5年(1852)の建築で、現在は産土社の社殿となっている。神楽殿は明治26年(1893)に建造され、平成16年(2004)に改築された。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 境内社

    長栄稲荷・愛宕稲荷・野屋敷稲荷

  • 産土社

    産土社

  • 境内社

    円海稲荷社・高良玉垂社

  • 拝殿

    拝殿

  • 社号額

    社号額

  • 本殿

    本殿

メモ

最近では、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之氏が奉職していた神社として知られているようだ。
下北沢駅から歩いて10分ほど、住宅地の中に鎮座する。社殿の背後に木が茂り、堂々とした構えである。鉄筋コンクリート造りだが、柱部分は朱ではなく、檜皮色というのだろうか、薄い茶色系統の色に塗られている。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする