水稲荷神社

水稲荷神社

正式名称 水稲荷神社(みずいなりじんじゃ)
御祭神 倉稲魂大神 佐田彦大神 大宮姫大神
社格等 旧村社
鎮座地 東京都新宿区西早稲田3-5-43 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://mizuinari.net/

【由緒概要】
水稲荷神社は、天慶4年(941)藤原秀郷が冨塚に稲荷大神を奉斎したことに始まるという。元禄15年(1702)境内の大椋の下から霊泉が湧き出し、眼病に霊験があると評判になった。また「我を信仰するものは火難を免れしむべし」との託宣があったことから「水稲荷」と称されるようになったという。昭和38年(1963)早稲田大学と土地交換を行い、甘泉園の現社地に遷座した。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

水稲荷神社の御朱印

  • 水稲荷神社の御朱印

平成17年拝受の御朱印。中央の朱印は抱き稲の神紋、左下は「水稲荷神社」。

※平成28年現在、御朱印の対応はしていない模様。

水稲荷神社について

名称 水稲荷神社
旧称 稲荷神社 高田稲荷明神社 富塚稲荷 将軍稲荷 
御祭神 倉稲魂大神〔うかのみたまのおおかみ〕
佐田彦大神〔さだひこのおおかみ〕
大宮姫大神〔おおみやひめのおおかみ〕
鎮座地 東京都新宿区西早稲田三丁目5番43号
創建年代 天慶4年(941)
社格等 旧村社
例祭 9月9日
神事・行事 1月1日/元旦祭
2月初午の日/初午祭(オビシャ)
2月3日/節分祭
7月下旬/冨士祭
12月冬至/冬至祭

御由緒

水稲荷神社は、社伝によれば藤原秀郷が天慶4年(941)、冨塚(現在の早稲田大学九号館のあたり)に稲荷大神を勧請したことを創祀とする。当初は冨塚稲荷・将軍稲荷と呼ばれていた。

元禄15年(1702)境内の大椋の下から霊水が湧きだし、眼病に霊験ありとして評判となった。また「我を信仰するものには火難を免れしむべし」との神託があったことから「水稲荷」と称されるようになり、特に消防・水商売関係の人から信仰を集めた。

天明8年(1788)「江戸の水稲荷」を称する老翁が現れた。京都御所の大火に際して功績があったことを認められ、「関東稲荷総領職」を賜ったという。

昭和38年(1963)早稲田大学と土地交換を行い、甘泉園(旧・清水徳川家の下屋敷)の現社地に遷座した。

写真帖

  • 堀部武庸加功遺跡之碑

    堀部武庸加功遺跡之碑

  • 太田道灌の駒繋松

    太田道灌の駒繋松

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

  • 冨塚

    冨塚

  • 御穴

    御穴

メモ

緑に覆われた閑静な境内。甘泉園は現在、都立公園となっているが、神社の杜と一体となって、緑豊かな空間を作り出している。境内の富士塚は、江戸市中最古という高田冨士を旧社地から移築・復元したもの。本殿は五間社流造で伏見稲荷大社と同じ、拝殿も伏見稲荷の内拝殿を模したもののようである。
※なお、平成28年現在、御朱印の授与は中止しているようである。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする