大原稲荷神社

大原稲荷神社

正式名称 稲荷神社〔いなりじんじゃ〕
通称 大原稲荷神社〔おおはら いなりじんじゃ〕
御祭神 倉稲魂命
社格等 旧村社
鎮座地 東京都世田谷区大原2-29-21 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
創建年代は不詳だが、元禄年間(1688~1704)以前の創建と考えられている。天明2年(1782)村の総代が山城国の伏見稲荷に赴き、神官の羽倉摂津守荷田宿禰信邦の印許によって「正一位稲荷大明神安鎮之事」という証書を下付され、御分霊を勧請した。そのため一名「羽倉稲荷」と称し、これが訛って「はぐさ稲荷」と呼ばれたという。

大原稲荷神社の御朱印

  • 大原稲荷神社の御朱印

    (1)

  • 大原稲荷神社の御朱印

    (2)

(1)平成17年拝受の御朱印。中央の朱印は抱き稲の神紋に「開運厄除 大原稲荷神社」。左下の印は「大原稲荷神社宮司之印」。

(2)平成26年拝受の御朱印。中央の朱印は「稲荷神社」。左下は抱き稲に「鎮守稲荷神社」。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

大原稲荷神社について

名称 稲荷神社
通称 大原稲荷神社 はぐさ稲荷
御祭神 倉稲魂命〔うかのみたまのみこと〕
鎮座地 東京都世田谷区大原二丁目29番21号
創建年代 不詳
社格等 旧村社
例祭 9月第2日曜日
神事・行事 1月1日/元旦祭
2月3日/節分祭
2月26日/祈年祭
6月28日/夏越大祓式
11月酉の日/酉の市
11月26日/新穀感謝祭
12月28日/大祓式・除夜祭
※『平成「祭」データ』による

御由緒

元禄年間(1688~1704)の検地水録に既に社のあったことが記されているため、それ以前より鎮座していたものと考えられる。

現在の御祭神は天明2年(1782)、代田村の総代が山城国の伏見稲荷に出向き、神官の羽倉摂津守荷田宿禰信邦の印許によって「正一位稲荷大明神安鎮之事」という証書を下付されて勧請したものである。そのために一名「羽倉稲荷」と呼ばれ、それが訛って「はぐさ稲荷」とも呼ばれたという。

明治以降、大原町と代田町の一部の鎮守となる。昭和7年(1932)社殿を改築し、村社に昇格した。

末社の大鳥神社には天鳥船大神が祀られ、11月の酉の日には酉の市が行われる。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 大鳥神社

    大鳥神社

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

  • 酉の市

    酉の市

メモ

京王線代田橋駅近くに鎮座する。かつての境内は今より広く、杉林に覆われていたという。現在、境内は小さな広場になっているが、酉の市をはじめとして、さまざまな行事が行われているようで、地域に密着した神社という印象である。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする