小野照崎神社

小野照崎神社

正式名称 小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)
御祭神 小野篁 〈相殿〉菅原道真
社格等 旧村社
鎮座地 東京都台東区下谷2-13-14 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://onoteru.or.jp/

【由緒概要】
社伝によれば、小野篁が東国に下向した際、上野照崎(忍岡)の地に留まって里人を教化した。その没後、遺徳を慕って照崎の地に祀り、小野照崎大明神と称したという。寛永年間(1624~44)寛永寺の造営に伴って現社地に遷座した。江戸時代の終わりには回向院より菅原道真自刻の像を迎えて相殿に祀り、江戸二十五天神に数えられた。学問・芸能の神として信仰を集める。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

小野照崎神社の御朱印

  • 小野照崎神社の御朱印

    (1)

  • 小野照崎神社の御朱印

    (2)

(1)平成17年に拝受した御朱印。中央の朱印は「小野照崎神社」、右上に文鳥の絵馬。

(2)平成22年拝受の御朱印。中央上の朱印は三つ巴と梅鉢の神紋、下は「小野照崎神社」。右に「東京下町八社福参り」。

摂末社の御朱印

  • 下谷坂本富士の御朱印

末社浅間神社(下谷坂本富士)山開きの御朱印。

小野照崎神社について

名称 小野照崎神社
通称 小野照さま
旧称 小野照崎大明神
御祭神 小野篁〔おののたかむら〕
〈相殿〉
菅原道真〔すがわらのみちざね〕
鎮座地 東京都台東区下谷二丁目13番14号
創建年代 仁寿2年(852)
社格等 旧村社
例祭 5月第3日曜日
神事・行事 1月1日~7日/新春特別祈祷
1月19日/新年祭
2月3日/節分追儺式
旧暦二の午/末社例祭
7月1日/富士浅間神社例祭(お山開き)
7月第3日・月曜日/納涼踊り大会
9月23日/秋季例祭(足利学校・雅楽の夕べ)
12月第1日曜日/子供餅つき大会
12月31日/大祓式
文化財 〈重要有形民俗文化財〉富士塚(下谷坂本富士)
巡拝 東京下町八社福参り

御由緒

小野篁が東国に下向した際、上野照崎(忍岡、現在の上野公園)の地に留まり、里人たちを教化した。里人らは上野殿(諫議亭)と敬慕し、仁寿2年(852)小野篁が没すると、これを照崎の故地に祀って小野照崎大明神と称した。

寛永年間(1624~44)幕府より寛永寺建立のため、坂本村の長左衛門稲荷境内の現社地に遷座を命じられた。一説には、孔子聖廟が湯島昌平坂に移された元禄4年(1691)のことともいわれる。旧別当は天台宗の小野山嶺松院。

江戸末期に回向院より菅原道真公自刻の尊像を遷して相殿に祀り、江戸二十五天神の一つに数えられた。現在の社殿は慶応2年(1866)に造営されたもので、関東大震災・東京大空襲の災禍を免れ、現在に至る。

学問・芸能の神として信仰を集める。ことに渥美清が当社に願掛けをして『男はつらいよ』の寅さん役を得たということから、若い芸能人や音楽家、仕事や習い事の上達を願う人の参拝が多いという。

境内の富士塚(下谷坂本富士・末社の富士浅間神社)は天明年間(1781~89)の築造で、国の重要文化財に指定されている。また末社の稲荷神社は地主神の長左衛門稲荷で、本社が忍岡から遷座してくる以前から尊崇されていた。昭和29年(1954)織物組合に奉斎されていた織姫神社を合祀している。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 稲荷神社

    稲荷神社・織姫神社

  • 御嶽神社

    御嶽神社・三峰神社・琴平神社

  • 庚申塚

    庚申塚

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 富士塚

    富士塚(下谷坂本富士)

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

都内に富士塚は数多くあるが、国の文化財に指定されているのは練馬区小竹町・茅原浅間神社の江古田富士、豊島区高松・富士浅間神社の豊島長崎富士と小野照崎神社の下谷坂本富士の3ヶ所だけという。確かに立派なものである。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする