太田姫稲荷神社

太田姫稲荷神社

太田姫稲荷神社は、太田道灌が山城国一口〔いもあらい〕の里に祀った一口稲荷を江戸城内に勧請し、鎮守の神として篤く崇敬したことを創祀とする。後に徳川幕府が江戸城を拡張した際、西の丸の鬼門に当たる神田駿河台東の大坂に遷座した。歴代将軍の崇敬を受け、社殿の修理や造営は徳川家によって行われたという。

正式名称 太田姫稲荷神社〔おおたひめいなりじんじゃ〕
御祭神 宇迦之御魂神 〈相殿〉菅原道真 徳川家康
社格等 旧村社
鎮座地 東京都千代田区神田駿河台1-2-3 [Mapion | googlemap]
最寄り駅 新御茶ノ水(千代田線)
御茶ノ水(JR・丸ノ内線)
小川町(都営新宿線)
神保町(半蔵門線・都営新宿線・都営三田線)
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

太田姫稲荷神社の御由緒

太田姫稲荷神社に伝わる縁起によれば、承和6年(839)小野篁が隠岐へ配流されたおり、伯耆国名和の港を出港したところで暴風雨に襲われた。篁が衣冠を正し、船の舳先に座って普門品(観音経)を唱えたところ、太田姫命と名乗る白髪の老翁が現れ、間もなく流罪が許されることと、自分を祀れば疱瘡の災いから免れることを告げた。翌年、お告げの通り都に呼び返された篁は、自ら老翁の像を刻み、山城国一口〔いもあらい〕の里に祀ったという。

長禄元年(1457)太田道潅の息女が重い疱瘡にかかった。ある人から一口稲荷の霊験の話を聞き、急使を遣わして病気平癒を祈願させた。使いが祈祷の一枝と幣を捧げて帰ってくると、病がたちまち回復した。そこで山城国より一口稲荷を勧請し、城内に祠を設けて篤く崇敬していたところ、白狐が現れて「われ、この城の鬼門を護るべし」と託宣した。そこで城の鬼門に移し、太田姫稲荷大明神と称するようになった。

慶長11年(1606)江戸城の大改築に際し、西丸の鬼門に当たる神田駿河台東の大坂に遷座。そこでこの坂を一口坂〔いもあらいざか〕と呼ぶ(後に鈴木淡路守の屋敷ができたことから淡路坂ともいう)。代々の将軍が崇敬し、社殿の修理造営は徳川家によって行われたという。

明治5年(1872)村社に列格。同8年(1875)社殿が落成するが、大正12年(1923)関東大震災で焼失。昭和3年(1928)再建される。同6年(1931)、お茶の水~両国間の総武線敷設のため、現社地に遷座。社殿等はそのまま移築した。

境内社の金山神社は江戸幕府の金座が設けられた際、その守護神として勧請されました。慶応3年(1867)年の大火で焼失、維新後、金座の有志により太田姫稲荷神社境内に再建された(現在は境内に見当たらない。本殿に合祀されたのかもしれない)。

太田姫稲荷神社の御朱印

  • 太田姫稲荷神社の御朱印

平成17年拝受の御朱印。朱印・墨書ともに「太田姫稲荷神社」。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 拝殿

    拝殿

  • 社号額

    社号額

  • 本殿

    本殿

  • 旧観

    旧観(平成17年)

メモ

兼務社だが、拝殿前に「千代田区内神社巡り」の御朱印がある。宮守の方に訪ねたところ、御朱印帳があるのならと墨書してくださった(※注意:平成17年時点の情報)。
なお、「太田姫稲荷」の名は太田道灌の姫君の意ではなく、小野篁に託宣した太田姫命にちなむ。

太田姫稲荷神社の概要

名称 太田姫稲荷神社
通称 一口〔いもあらい〕稲荷神社
御祭神 宇迦之御魂神〔うかのみたまのかみ〕
〈相殿〉
菅原道真〔すがわらのみちざね〕
徳川家康〔とくがわいえやす〕
鎮座地 東京都千代田区神田駿河台一丁目2-3
創建年代 長禄元年(1457)
社格等 旧村社
例祭 5月15日
神事・行事 2月節分/節分豆撒式
2月中午の日/初午祭・祈年祭
10月中旬/新嘗祭(いも祭)
※『平成「祭」データ』による

交通アクセス

□新御茶ノ水駅(千代田線)より徒歩2分
□小川町駅(都営新宿線)より徒歩4分
□御茶ノ水駅(JR)より徒歩5分
□御茶ノ水駅(丸ノ内線)より徒歩7分
□神保町駅(半蔵門線・都営新宿線・都営三田線)より徒歩6分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする