讃岐小白稲荷神社

讃岐・小白稲荷神社

正式名称 稲荷神社(いなりじんじゃ)
通称 讃岐小白稲荷神社(さぬき こはく いなりじんじゃ)
御祭神 倉稲魂大神
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都港区浜松町2-9-8 [Mapion | googlemap]

【由緒概要】
讃岐稲荷はもともと高松藩松平家の下屋敷の邸内社で、寛永年間(1624~44)の創建と考えられている。明治維新後町内に開放され、明治3年(1870)鉄道敷設のため現社地に遷座した。昭和13年(1938)芝湊町に邸内社として祀られていた小白稲荷を合祀した。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

讃岐小白稲荷神社の御朱印

  • 讃岐小白稲荷神社の御朱印

平成24年拝受の御朱印。朱印は「正一(位)讃岐 小白 稲荷神社」、右下に「東京浜松町」。

讃岐小白稲荷神社について

名称 稲荷神社
通称 讃岐小白稲荷神社
旧称 讃岐稲荷神社
御祭神 倉稲魂大神〔うかのみたまのおおかみ〕
鎮座地 東京都港区浜松町二丁目9番8号
創建年代 寛永年間(1624~44)
社格等 旧無格社
例祭 5月14日・15日

御由緒

讃岐稲荷は讃岐高松藩松平家の下屋敷の邸内社で、文政の頃の書上げに約二百年前の創建されたとあり、おそらく寛永年間(1624~44)に鎮座したものであろうという。明治維新後、町内に開放された。明治3年(1870)旧社地が鉄道施設の敷地となるため、現社地に遷座した。

小白稲荷はもともと芝湊町(現在の浜松町二丁目13番地)の古川沿いに邸内社として祀られていたが、昭和13年(1938)区画整理のため、讃岐稲荷に合祀された。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 御塚

    御塚

  • 力石

    力石

  • 拝殿

    拝殿

メモ

うにうにさんから御朱印の授与が始まったという情報をいただき、参拝した。しかし、宮司は芝大神宮の名誉宮司さんで大変お忙しいらしく、初回参拝時は日光へ出張中とのことであった。そのため、二度目の参拝時は事前に連絡し、時間を合わせて伺った。その時も忙しい公務の間を縫って来ていただいたようで、慌ただしくて申し訳ないとおっしゃったのだが、こちらが恐縮してしまった。
浜松町駅のすぐ近く、ビルが建ち並ぶオフィス街の中のこぢんまりとした神社。境内入り口には二つ鳥居があり、向かって左の鳥居には「讃岐稲荷神社」、右の鳥居には「小白稲荷神社」の扁額が掲げられている。拝殿は一つだが、扉は二つで、やはり向かって左に讃岐稲荷、右に小白稲荷の扁額が懸かる。いかにも庶民的な雰囲気のお社である。
※追記:社務所不在の時は芝大神宮で拝受できるとのこと。(H28.4.11)


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする