第53番 須賀山 圓明寺

53番円明寺

名称 須賀山 正智院 円明寺
御本尊 阿弥陀如来
所在地 愛媛県松山市和気町1-182 [Mapion|googlemap]

【本尊真言】
おん あみりた ていせい からうん

【御詠歌】
来迎の弥陀の光の圓明寺 照りそふ影は夜な夜なの月

【略縁起】
天平年間(729~49)聖武天皇の勅願により行基菩薩が創建したと伝えられている。元は和気西山にあり、海岸山円明寺と号した。後に弘法大師が伽藍を整備したという。以来、寺運は興隆したが、戦火により衰微。寛永10年(1633)地元の豪族・須賀重久が現在地に移転再興した。

円明寺の納経(御朱印)

  • 53番円明寺の納経

    (1)

  • 53番円明寺の納経

    (2)

(1)平成元年拝受の納経。揮毫は「阿弥陀如来」。中央の宝印は法輪。右上の印は「五十三番」、左下は「金剛幡院」。

(2)平成18年に拝受した納経。揮毫・朱印とも平成元年のものと同じ。

江戸時代の納経

  • 天保11年の納経

    (1)

  • 天保12年の納経

    (2)

(1)天保11年(1840)の納経。版木押しで「奉納」「本尊阿弥陀如来」「豫州須賀山」「円明密寺」。中央の宝印は勅願所であることを示す十六八重菊と五三桐の御紋。右上は「四国第五十三番」、左下は「金院」。

(2)天保12年(1841)の納経。「奉納」「本尊阿弥陀如来」「円明寺」。朱印は天保11年のものと同じ。

明治時代の納経

  • 明治38年の納経

    (1)

(1)明治38年(1905)の納経。版木押しで「奉納経」「本尊阿弥陀仏」「須賀山 円明寺」。中央の宝印は法輪、右上の印は「五十三番」、左下は「金剛幡院」で現在のものとほぼ同じ。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

円明寺について

山号 須賀山(すがざん)
寺号 円明寺(えんみょうじ)
院号 正智院(しょうちいん)
旧称 海岸山円明寺
御本尊 阿弥陀如来
所在地 愛媛県松山市和気町一丁目182番地
創建年代 天平勝宝元年(749)
開山 行基菩薩
宗派等 真言宗智山派
文化財 〈県有形文化財〉八脚門 厨子 木造阿弥陀三尊像のうち両脇侍像

覚え書き

伊予和気駅の近く、古くからの町並みに溶け込んでいる。境内もお堂も小ぶりだが、風格のあるたたずまいである。
天平年間(729~49)聖武天皇の勅願により行基菩薩が和気西山の海岸に一寺を建立し、海岸山円明寺と号した。後、弘法大師が四国巡錫の際に訪れ、四国霊場に定めたという。
その後、寺運は隆盛したが戦国時代に兵火で焼失。寛永10年(1633)に地元の豪族・須賀重久が現在地に移転再建、その功を賞して仁和寺の覚深法親王より須賀山の山号を賜った。
仁王門をくぐると左手に大師堂、正面には「遍照金剛」の額が掲げられた中門がある。中門をくぐると本堂がある。大正13年(1924)シカゴ大学のスタール博士が、本堂の厨子に打ち付けられた銅板の納め札を発見した。慶安3年(1650)京都の住人家次の銘があり、四国遍路の歴史を知る上で大変貴重な資料である。
また、大師堂の傍にはキリシタン灯籠がある。高さ40cmほどで、昔の鍵穴のようなしており、合掌する女性(聖母マリアと考えられている)の浮彫がある。
奥之院は和気西山の旧寺地にある海岸山円明寺で、十一面観音を祀る観音堂がある。

写真帖

  • 山門

    山門(八脚門)

  • 本堂

    本堂

  • キリシタン灯籠

    キリシタン灯籠


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする