宇佐神社(尾山台)

宇佐神社

正式名称 宇佐神社〔うさじんじゃ〕
御祭神 誉田別尊(応神天皇)
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都世田谷区尾山台2-11-3 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
社伝によれば、永承6年(1052)奥州に向かう源頼義が当地に陣を張り、白雲が八つに分かれて棚引くのを見た。これを奇瑞として喜んだ頼義が、奥州平定後の康平5年(1063)に奉賽として八幡社を建てたのが当社の起こりという。

宇佐神社の御朱印

  • 宇佐神社の御朱印

    (1)

  • 宇佐神社の御朱印

    (2)

(1)平成18年拝受の御朱印。朱印は「宇佐神社之印」。

(2)平成28年拝受の御朱印。中央の朱印は「宇佐神社之印」。左下は「宇佐神社宮司之印」。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

宇佐神社について

名称 宇佐神社
旧称 八幡社
御祭神 誉田別尊〔ほんだわけのみこと〕(応神天皇)
鎮座地 東京都世田谷区尾山台二丁目11番3号
創建年代 康平5年(1063)
社格等 旧無格社
例祭 10月第1日曜日
神事・行事 1月第4日曜日/祈年祭
7月23日/大祓
11月23日/新嘗祭
12月23日/大祓
※『平成「祭」データ』による

御由緒

荏原郡小山村の鎮守。『新編武蔵風土記稿』によれば、古くは小山を尾山とも書いたという。明治8年(1875)尾山村と改めている。旧別当は隣接する松高山伝乗寺(浄土宗)で、江戸時代には八幡社と称した。

社伝によれば、永承6年(1052)奥州平定に向かう源頼義公が尾山に陣を張ったとき、空に白雲が八つに分かれて棚引いた。その姿が源氏の白幡のようであったので大いに喜び、戦勝の暁にはこの地に八幡社を建立することを誓った。

康平5年(1063)奥州安倍氏を平定した頼義公は誓約通り、奉賽として八幡社を建てた。これが宇佐神社の創建とされる。

元禄12年(1699)伝乗寺7世の精蓮社進誉貞悦の時に社殿が再建された。現在の社殿は大正7年(1918)の造営である。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 庚申塔

    庚申塔

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

尾山台の寮の坂から少し西へ入ったところに鎮座する。こぢんまりとしているが、すっきりとした雰囲気の境内。手入れが行き届いているという印象を受ける。高台で南に面しているので日当たりもよい。拝殿の後ろは高台(八幡塚古墳)になっており、その上に本殿が建っている。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする