江東区の神社一覧

深川稲荷神社

東京都江東区清澄に鎮座する深川稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。深川七福神の布袋尊を祀る。寛永7年(1630)の創建と伝えられ、かつての町名が西大工町だったことから西大稲荷と呼ばれていた。

志演尊空神社

東京都江東区北砂に鎮座する志演尊空神社の御朱印、由緒などの紹介。寛永元年(1624)菅原長寛が村民の願いを受けて稲荷神を祀り、深川稲荷と称したことに始まる。元禄の頃、徳川綱吉が立ち寄った際、「民の志を演ぶること殊勝なり」と賞し、志演神社と改称させた。

亀戸浅間神社

東京都江東区亀戸に鎮座する浅間神社(亀戸浅間神社)の御朱印、由緒などの紹介。大永7年(1527)富士山より木能花咲耶姫命を勧請したことに始まる。当社の富士塚は笄塚とも称し、弟橘媛の笄が流れ着いたことに因むと伝えられる。

愛宕神社(大島)

東京都江東区大島に鎮座する愛宕神社の御朱印、由緒などの紹介。中之郷出村の鎮守。創建年代は不詳だが、元は本所中之郷の成就寺境内にあったが、村民の移住に伴って当地に遷り、鎮守として祀られたという。小林一茶が仮住まいしたとされ、境内に句碑が建てられている。

東大島神社

東京都江東区大島に鎮座する東大島神社の御朱印、由緒などの紹介。昭和24年(1949)戦災で焼失した東大島地区の5つの神社(永平神社・子安神社・小名木神社・南本所牛島神社・北本所牛島神社)を合祀して創建された。

大島稲荷神社

東京都江東区大島に鎮座する大島稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。慶安年間(1648~51)村人が伏見稲荷を勧請したという。松尾芭蕉や小林一茶にゆかりがあり、境内には芭蕉没後に其日庵社中の俳人たちが建立した女木塚碑がある。

猿江神社

東京都江東区猿江に鎮座する猿江神社の御朱印、由緒などの紹介。社伝によれば、源頼義・義家父子の家臣・猿藤太がこの地の入り江で力尽きた。地元の漁師が当社境内に手厚く葬ったところ、豊漁が続いたので猿藤太の猿と入り江の江を取って猿江稲荷と称するようになったという。

宇迦八幡宮

東京都江東区千田に鎮座する宇迦八幡宮の御朱印、由緒などの紹介。当地を開拓した近江屋庄兵衛が社殿を建立し、千田新田の鎮守とした。お告げによって片栗を栽培し、農民の飢えを救ったことから片栗八幡と通称される。

洲崎神社(深川)

東京都江東区木場に鎮座する洲崎神社の御朱印、由緒などの紹介。元禄年間(1688~1704)埋立によってできた洲崎の地に護持院隆光が弁財天を祀ったことに始まる。江戸時代は風光明媚なことで知られ、初日の出や汐干狩、月見など四季折々の行楽で賑わったという。

富賀岡八幡宮

東京都江東区南砂に鎮座する富賀岡八幡宮の御朱印、由緒などの紹介。砂村新田の鎮守で、深川の富岡八幡宮の旧地とされることから元八幡の名がある。なお、平成28年現在、御朱印の授与は取りやめているようである。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)