志演尊空神社

志演尊空神社

八右衛門新田の鎮守。寛永元年(1624)当地を訪れた菅原長寛が村民の願いを受け、稲荷神を祀って深川稲荷と称したことに始まる。元禄の頃、5代将軍綱吉が鷹狩りの際に立ち寄り、御祭神と縁起を聞いて「民の志を演ぶること殊勝なり」と賞したことから志演神社と改称した。昭和22年(1947)戦災で焼失した尊空稲荷神社を合祀し、志演尊空神社と称するようになった。
江東区の神社

正式名称 志演神社〔しのぶじんじゃ〕
通称 志演尊空神社〔しのぶ そんくうじんじゃ〕
御祭神 宇迦御魂命 須佐之男命 伊邪那美命 田力男命 〈合祀〉尊空親王
社格等 旧村社
鎮座地 東京都江東区北砂2-1-37 [Mapion|googlemap]
東都神社御朱印集
東京の神社400社以上の御朱印や由緒などの紹介。珍しい江戸時代から昭和戦前までの御朱印も掲載。

御朱印

  • 志演尊空神社の御朱印

平成18年拝受の御朱印。中央の朱印は神璽。左下は判読しづらいが「御璽」のように見える。

御由緒

志演神社は八右衛門新田の鎮守。寛永元年(1624)当地の開発が行われていたところに訪れた菅原長寛が、村民の願いを受けて稲荷神を祀り、深川稲荷と称したことに始まる。

元禄年間、5代将軍綱吉が鷹狩りの途中に当社を参拝し、御祭神と縁起を聞いて「民の志を演ぶること殊勝なり」と賞し、社号を志演神社と改めさせた。もとは横十間川の東にあったが、元禄8年(1695)現社地に遷座した。

正徳2年(1712)、当地に伝染病が流行し、死者が多数多数出た。そこで5代目別当・菅原快圓が柴灯護摩を修したところ、病が治まったので、人びとは「ごまの稲荷」と呼んだという。

合祀の尊空親王は伏見宮邦頼親王の御子で知恩院の第36代住持であったが、寛文3年(1663)故あって関東へ下向し、深川に隠棲した。その没後、村人が親王の徳を敬慕し、邸跡に祠を建て、村の鎮守として祀ったという。その後、松平伊豆守の屋敷にあった稲荷祠が寄進され、尊空稲荷と称した。

昭和20年(1945)、戦災により志演・尊空稲荷両社が焼失したため、同22年(1947)尊空稲荷神社を合祀し、志演尊空神社と称するようになった。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

広い境内ではないが、立派な公孫樹の木が数本、枝を繁らせて境内を覆っている。

志演尊空神社の概要

名称 志演神社
通称 志演尊空神社
旧称 深川稲荷 志演稲荷 ごまの稲荷
御祭神 宇迦御魂命〔うかのみたまのみこと〕
須佐之男命〔すさのおのみこと〕
伊邪那美命〔いざなみのみこと〕
田力男命〔たぢからおのみこと〕
〈合祀〉
尊空親王〔そんくうしんのう〕
鎮座地 東京都江東区北砂二丁目1番37号
創建年代 寛永元年(1624)
社格等 旧村社
例祭 8月下旬日曜日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
2月節分/節分祭
旧2月上午の日/初午祭
5月下旬日曜日/春季大祭
※『平成「祭」データ』による

交通アクセス

□東京メトロ東西線「南砂町駅」より徒歩約15分
□都営新宿線「西大島駅」より徒歩約15分
□JR総武線「亀戸駅」よりバス
■都営バス臨海車庫行き・なぎさニュータウン行き「境川」下車徒歩1分

江東区の神社
東京都江東区の神社の御朱印。富岡八幡宮・亀戸天満宮・深川神明宮・大島稲荷神社・亀戸香取神社・猿江神社・志演尊空神社・洲崎神社・江東天祖神社・富賀岡八幡宮・愛宕神社・宇迦八幡宮・亀戸浅間神社・東大島神社
タイトルとURLをコピーしました