日比谷神社

日比谷神社

正式名称 日比谷神社(ひびやじんじゃ)
御祭神 豊受大神 瀬織津比賣大神 速開都比賣大神 気吹戸主大神 速佐須良比賣大神
社格等 旧村社
鎮座地 東京都東新橋2-1-1 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.hibiyajinja.com/

【由緒概要】
日比谷神社の創建年代は不詳だが、古くより現在の日比谷公園の大塚あたりに鎮座し、日比谷稲荷と呼ばれていた。慶長11年(1606)日比谷御門建設のため、氏子とともに新橋に遷された。昭和3年(1928)関東大震災後の区画整理のため愛宕下町(現・新橋四丁目)に遷座、さらに平成21年(2009)環状二号線(新虎通り)の工事のため、東新橋に遷座した。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

日比谷神社の御朱印

  • 日比谷神社の御朱印

    (1)

  • 日比谷神社の御朱印

    (2)

(1)平成17年拝受の御朱印。中央の朱印は「日比谷神社」、下は「日比谷神社印」。

(2)平成22年拝受の御朱印。揮毫・朱印ともに平成17年の御朱印と同じ。

日比谷神社について

名称 日比谷神社
旧称・通称 日比谷稲荷社 鯖稲荷
御祭神 豊受大神〔とようけのおおかみ〕
瀬織津比売大神〔せおりつひめのおおかみ〕
速開都比売大神〔はやあきつひめのおおかみ〕
気吹戸主大神〔いぶきどぬしのおおかみ〕
速佐須良比売大神〔はやさすらひめのおおかみ〕
〈相殿〉
国津大神
天津大神
鎮座地 東京都港区東新橋二丁目1番1号
創建年代 不詳
社格等 旧村社
例祭 5月第2週の金・土・日曜日
神事・行事 1月1日/元旦祭
2月3日/節分祭
2月初午日/初午祭
6月30日/夏越の大祓
12月31日/年越の大祓

御由緒

日比谷神社の創建年代は不詳だが、元は現在の日比谷御門内大塚(現在の日比谷公園)に鎮座し、日比谷稲荷明神・旅泊〔さば〕稲荷明神と呼ばれていた。

慶長11年(1606)日比谷御門の造営のため、氏子とともに新橋に移転した。この時は町名も旧地に因んで日比谷町を称していた。寛永7(1630)芝口御門の造営によって町名は芝口に改められたが、社号は日比谷の名を今に残している。

なお、当時は日蔭町と呼ばれた裏新道に面して鎮座していたようだ。『江戸名所図会』には「このところ町巾至って狭し、故に土人日蔭町と字す」とある。

毎年1月6日には神札を捧持して登城する慣例があり、伊達・脇坂・中川・肥後・本堂・毛利・井上・片岡などの諸侯から崇敬されたという。別当は聖護院末の寂静院。

通称の鯖稲荷の鯖は、もともと旅泊(さば)の字を当てていたという。日比谷にあった頃、各地から訪れる旅人のために無病息災の祈願をしたところ、霊験著しかったので旅泊(さば)稲荷と称えられたが、新橋に移って以後、魚の鯖の字が当てられるようになったと伝えられる。

虫歯虫封じの霊験で知られ、鯖断ちをして祈誓すると効験あらたかで、治った人は御礼として鯖を供える習慣があったという。

昭和3年(1928)関東大震災後の都市計画のため、愛宕下町(現・新橋四丁目)の旧社地[Mapion]に遷った。さらに、境内が環状二号線(新虎通り)の用地にかかったため、平成21年(2009)7月第一京浜沿いにある新社地に遷座した。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水盤

    手水盤

  • 境内社

    境内社(十六魂稲荷?)

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

  • 旧社殿

    新橋四丁目の旧社殿(平成17年)

メモ

最初に御朱印を拝受したのは新橋四丁目の旧社地にて。まだ、道路工事も進んでおらず、雑居ビルや商店に囲まれた下町らしい雰囲気の神社であった。東新橋の新社殿は、正面は第一京浜、背後はJRの線路が走り、さらに汐留メディアタワーなどがそびえている。環境は激変している。
鳥居の脇の社号標は旧社地のもののようである。また、拝殿の手前には稲荷神社の社があるが、これも旧境内にあったものと思われる。『平成「祭」データ』には境内社として十六魂稲荷の名前のみがあり、これがそうだと思うのだが、未確認である。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする