こまいぬ@御朱印研究家一覧

八王子七福神

八王子七福神の御朱印、歴史、各寺院の御由緒・アクセス、巡拝情報(巡拝期間・対応時間)などについての紹介。昭和56年の開創で、縁起のよい末広がりの「八」と八王子の「八」に因み、吉祥天を含む八尊を巡拝する。

板橋七福神

板橋七福神の御朱印、歴史、各寺院の御由緒・アクセス、巡拝情報(巡拝期間・対応時間)などについての紹介。昭和12年、彫金と呼ばれていた田中金太郎氏が七福神像を旧板橋区内(現在の板橋区・練馬区)の7ヶ寺に寄進したことに始まる。

東海七福神

東海七福神の御朱印、歴史、各寺社の御由緒・アクセス、巡拝情報(巡拝期間・対応時間)などについての紹介。品川宿から鈴ヶ森に至る東海道沿いの7社寺を巡る七福神霊場。昭和7年(1932)大東京市の成立を記念して開創された。戦前の御朱印も掲載。

日尾八幡神社

愛媛県松山市南久米町に鎮座する日尾八幡神社の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。孝謙天皇の勅により宇佐八幡宮より御分霊を勧請し、久米八幡宮と号したと伝えられる。松山八社八幡の第三番で、河野氏や加藤嘉明、松山藩主久松氏など歴代領主の崇敬を受けた。

高砂天祖神社

東京都葛飾区高砂に鎮座する天祖神社(高砂天祖神社)の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。旧曲金村(現・高砂)等の鎮守で元は三社大明神と称した。中世、当地一帯に葛西御厨が置かれていた時代に伊勢神宮の御分霊を勧請したと伝えられる。

春日神社(大蔵)

東京都町田市大蔵町に鎮座する春日神社の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。社宝の棟札により宝永4年(1707)奈良の春日大社から御分霊を勧請したとされるが、実際の創建はさらに古く遡ると考えられている。御本社のほか、弁天堂の龍女神の御朱印をいただくことができる。

西小松川天祖神社

東京都江戸川区西小松川町に鎮座する天祖神社(西小松川天祖神社)の御朱印、由緒(歴史)、アクセス等の紹介。総研年代は詳らかでないが、現在の社家は康正2年(1456)下総国より来住し、神職として奉仕するようになったと伝えられる。

離宮八幡宮

京都府乙訓郡大山崎町大山崎に鎮座する離宮八幡宮の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。行教上人が宇佐より勧請した八幡大神を河陽離宮跡に奉斎したことを起源する石清水八幡宮の元宮。中世には諸国の油座を統括し、油の神様として名高い。

お伊勢の森神明社

東京都武蔵村山市中央に鎮座する神明社(お伊勢の森神明社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。旧中藤村と横田村の総鎮守で、宝暦12年(1762)に創建されたと伝えられる。かつて境内は鬱蒼とした杉の巨木が繁り、お伊勢の森と呼ばれていたという。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)