こまいぬ@御朱印研究家一覧

陸奥総社宮

宮城県多賀城市市川に鎮座する陸奥総社宮の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。陸奥国府多賀城の東に陸奥国総社として創建されたと伝えられる。

小菅神社

東京都葛飾区小菅に鎮座する小菅神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。明治2年(1869)小菅県が設置されたとき、県庁内に伊勢神宮を勧請したことにはじまる。

御朱印の基礎知識

御朱印はいつ頃登場したか・「御朱印」と呼ばれるようになったのは?・千社札と御朱印・スタンプラリーと御朱印・日蓮宗の「御首題」・浄土真宗は御朱印を授与しない?・歴代天皇陵の「御陵印」・お城の「御朱印」

(4)折り本式集印帖の登場

大正時代の半ば、現在の御朱印帳の主流である折本式集印帖が登場した。最初は折本式の画帖を集印帖に転用したものであったが、集印向けに改良が行われた。また、折本式集印帖の登場に伴い、墨書をせず朱印のみ押すという形式が一般化した。

(3)神仏分離と旅行の自由化

明治維新は日本のあらゆる部分に変化をもたらした。中でも御朱印の歴史に影響を与えたのが神仏分離・六十六部の禁止・旅行の自由化であろう。明治30年代には、参拝記念としてはがき・絵はがきに朱印を押す例が現れる。

(2)納経帳の登場と広がり

17世紀末から18世紀の初頭にかけて、六十六部は納経請取状を受ける形から納経帳を携行する形に変わる。これが事実上の御朱印の始まりといえる。納経帳は六十六部の枠を超え、広く一般庶民にも定着した。

タワー大神宮

東京都港区芝公園、東京タワーの大展望台に鎮座するタワー大神宮の御朱印、由緒、アクセスの紹介。昭和52年(1977)東京タワー創立20周年を記念して奉斎した。東京23区で最も高いところにある神社で、合格祈願や恋愛成就などを祈願する人が多い。

深川稲荷神社

東京都江東区清澄に鎮座する深川稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。深川七福神の布袋尊を祀る。寛永7年(1630)の創建と伝えられ、かつての町名が西大工町だったことから西大稲荷と呼ばれていた。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)