銀杏岡八幡神社

銀杏岡八幡神社

正式名称 銀杏岡八幡神社(いちょうがおか はちまんじんじゃ)
御祭神 誉田別皇命 武内宿禰命
社格等 旧村社
鎮座地 東京都台東区浅草橋1-29-11 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
源頼家・義家父子が奥州平定のために下向した際、当地で休息していると隅田川の上流から銀杏の枝が流れてきた。義家がこれを拾い上げ、八幡宮に戦勝を祈願して丘の上に差し立てた。奥州からの凱旋の途次、この銀杏が大きく繁茂していたので、神恩に感謝して八幡宮を勧請したのが始まりと伝えられる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

銀杏岡八幡神社の御朱印

  • 銀杏岡八幡神社の御朱印

平成17年拝受の御朱印。中央の朱印は「銀杏岡八幡神社之印」、右上は丸に三つ銀杏の神紋。

銀杏岡八幡神社について

名称 銀杏岡八幡神社
旧称 銀杏八幡宮
御祭神 誉田別皇命〔ほんだわけのみこと〕
武内宿禰命〔たけのうちのすくねのみこと〕
鎮座地 東京都台東区浅草橋一丁目29番11号
創建年代 康平5年(1062)
社格等 旧村社
例祭 6月第1土・日曜日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
2月3日/節分祭
2月11日/建国祭
2月17日/祈年祭
3月午の日/初午祭
6月30日/大祓
11月23日/新嘗祭
12月31日/大祓

御由緒

社伝によれば、永承6年(1051)源頼義・義家父子が奥州平定のために下向する途中、当地で小休止をした。当時、この地は隅田川の流れを一望できる小高い丘であったという。この時、上流から銀杏の枝が流れてきた。義家は丘の上にその枝を差し立て「朝敵退治のあかつきには枝葉栄ふべし」と祈願した。

康平5年(1062)、都へと凱旋する源義家がこの地に到ると、その枝が大きく繁茂していたので、神恩に感謝し、太刀一振を捧げて八幡宮を勧請したのが当社の創祀であると伝える。

この銀杏の大木は隅田川を行き交う船の目印となっていた。また、この地を八幡塚あるいは銀杏塚と称し、街道の一里塚となっていたという。

元和4年(1618)当地一帯は福井藩松平家の下屋敷となり、当社も邸内社として祀られることとなった。享保10年(1725)当地は収公されて町屋となり、同15年(1730)に福井町と名付けられた。以来、福井町三町(一丁目~三丁目)の産土神として尊崇されてきた。

明治5年(1872)村社に列する。

なお、大銀杏は延享3年(1746)大風で半ばから折れてしまった。その後も高さ6mぐらいとなって繁茂していたが、文化3年(1806)の大火で焼失したという。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居(例祭時)

  • 境内社

    此葉稲荷神社

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

浅草橋の駅からほど近い商店街の中に鎮座する。今も境内には大きな銀杏の木が繁茂し、銀杏岡の名にふさわしいたたずまいとなっている。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする