台東区の神社一覧

本社三島神社

東京都台東区寿に鎮座する三島神社(本社三島神社)の御朱印、由緒などの御朱印。弘安4年(1281)河野通有が伊予国一宮・大山祇神社の御分霊を上野忍岡に勧請したことに始まる。宝永6年(1709)幕命により浅草小揚町の現社地に遷座した。

浅草神社末社 被官稲荷神社

東京都台東区浅草に鎮座する浅草神社の末社・被官稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。新門辰五郎の妻が病気になった際、伏見稲荷に祈願して平癒したことから、伏見稲荷の御分霊を勧請した。被官の名から、就職や出世を祈願する人が多いという。

千束稲荷神社

東京都台東区竜泉に鎮座する稲荷神社(千束稲荷神社)の御朱印、由緒などの紹介。竜泉寺町の氏神。古くは下谷・浅草に跨がる千束郷全体の鎮守だったという。樋口一葉が竜泉寺町に住んでいた頃の体験を元に書いた『たけくらべ』には千束稲荷の祭礼の様子が描かれている。

三島神社(金杉)

東京都台東区下谷に鎮座する三島神社の御朱印、由緒などの紹介。弘安4年(1281)河野通有が夢告により伊予国一宮・大山祇神社の御分霊を上野忍岡に勧請した。宝永7年(1710)幕命により浅草小揚町に遷座したが、氏子地より遠いため、金杉上町に御分霊を勧請した。

浅草富士浅間神社

東京都台東区浅草の浅間神社(浅草富士浅間神社)の御朱印、由緒などの紹介。富士信仰が盛んだった江戸時代に、富士山の遙拝所として勧請された浅間神社の一つ。5月6月の最終土・日曜日に行われる植木市には、のべ30万人といわれる人出がある。

諏訪神社(浅草)

東京都台東区駒形に鎮座する諏訪神社の御朱印、由緒などの紹介。創建年代は不詳だが、後冷泉天皇の御代(1045~68)に信濃国一宮の諏訪大社から御分霊を勧請したという伝承がある。

浅草神社

東京都台東区浅草に鎮座する浅草神社の御朱印、由緒などの紹介。旧称三社権現。浅草寺本堂の東側に鎮座する。浅草寺の開創に関わる土師真中知命・檜前浜成命・檜前竹成命を祀る。5月に行われる例大祭は三社祭として名高い。

小野照崎神社

東京都台東区下谷に鎮座する小野照崎神社の御朱印、由緒などの紹介。東京下町八社。小野篁が東国に下向した際、上野の地に留まって里人を教化した。その遺徳を敬慕して祀ったことに始まるという。渥美清が願掛けをしたことでも知られ、学問・芸能の御神徳で信仰を集める。

玉姫稲荷神社

東京都台東区清川に鎮座する玉姫稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。天平宝字4年(760)山城国の伏見稲荷大社より勧請されたと伝えられる。氏子地域に靴の製造業者が多いことから、年に2回靴の市が行われる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)