PR

台東区の神社

スポンサーリンク
台東区の神社

本社三島神社

東京都台東区寿に鎮座する三島神社(本社三島神社)の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの御朱印。弘安4年(1281)河野通有が伊予国一宮・大山祇神社の御分霊を上野忍岡に勧請したことに始まる。宝永6年(1709)幕命により浅草小揚町の現社地に遷座した。
台東区の神社

小野照崎神社末社 浅間神社(下谷坂本富士)

東京都台東区下谷に鎮座する小野照崎神社の末社・浅間神社(下谷坂本富士)の御朱印、由緒などの紹介。下谷坂本富士は富士講の一つ・入谷東講によって文政11年(1828)に築かれた。重要有形民俗文化財。お山開きの期間中は登拝可能で、御朱印も授与される。
台東区の神社

浅草神社末社 被官稲荷神社

東京都台東区浅草に鎮座する浅草神社の末社・被官稲荷神社の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。幕末の侠客・新門辰五郎の妻が病気になった際、伏見稲荷に祈願して平癒したことから、伏見稲荷の御分霊を勧請した。被官の名から、就職や出世を祈願する人が多いという。
台東区の神社

秋葉神社(入谷)

東京都台東区松が谷に鎮座する秋葉神社の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。明治3年(1870)東京一円の火災鎮護の神社として現在の秋葉原駅近くに創建された。当社周辺を秋葉原(アキバハラ、アキバッパラ)と呼んだのが秋葉原の駅名・地名の由来である。
台東区の神社

浅草富士浅間神社

東京都台東区浅草の浅間神社(浅草富士浅間神社)の御朱印、由緒などの紹介。富士信仰が盛んだった江戸時代に、富士山の遙拝所として勧請された浅間神社の一つ。5月6月の最終土・日曜日に行われる植木市には、のべ30万人といわれる人出がある。
台東区の神社

浅草橋須賀神社

東京都台東区浅草橋に鎮座する須賀神社の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。かつては祭礼の日に氏子の家で団子を作り、笹の枝につけて奉納し、参拝者が持ち帰って厄除けの御守りとしたことから団子天王・笹団子天王と呼ばれた。昭和10年代の御朱印も掲載。
台東区の神社

吉原神社

東京都台東区千束に鎮座する吉原神社の御朱印、由緒などの紹介。明治8年(1875)吉原遊郭に祀られていた五つの稲荷社を合祀して吉原神社と称した。関東大震災に現社地に遷座し、花園池畔にあった吉原弁財天を合祀した。
台東区の神社

千束稲荷神社

東京都台東区竜泉に鎮座する稲荷神社(千束稲荷神社)の御朱印、由緒などの紹介。竜泉寺町の氏神。古くは下谷・浅草に跨がる千束郷全体の鎮守だったという。樋口一葉が竜泉寺町に住んでいた頃の体験を元に書いた『たけくらべ』には千束稲荷の祭礼の様子が描かれている。
台東区の神社

三島神社(金杉)

東京都台東区下谷に鎮座する三島神社の御朱印、由緒などの紹介。弘安4年(1281)河野通有が夢告により伊予国一宮・大山祇神社の御分霊を上野忍岡に勧請した。宝永7年(1710)幕命により浅草小揚町に遷座したが、氏子地より遠いため、金杉上町に御分霊を勧請した。
台東区の神社

元三島神社

東京都台東区根岸に鎮座する元三島神社の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。弘安4年(1281)河野通有が夢告を受け、上野山内に伊予国一宮・大山祇神社の御分霊を勧請したことを創祀とする。寛永寺造営に伴って浅草に遷座するが、根岸の氏子が熊野神社に勧請・合祀したのが当社である。
スポンサーリンク