鷲神社(浅草)

鷲神社(浅草)

正式名称 鷲神社〔おおとりじんじゃ〕
御祭神 天日鷲命 日本武尊
社格等 旧村社
鎮座地 東京都台東区千束3-18-7 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.otorisama.or.jp/

【由緒概要】
社伝によれば、諸国を開拓した天日鷲命を当地に祀ったことに始まるという。日本武尊が東征の際に戦勝を祈願し、凱旋の途次、11月の酉の日にお礼の参拝をして社前の松の木に武具の熊手を懸けた。そこで11月の酉の日を例大祭としたのが酉の市であるという。明治の神仏分離で旧別当の長國寺から独立し、鷲大明神社の社号を鷲神社と改めた。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

鷲神社の御朱印

  • 鷲神社の御朱印

    (1)

  • 鷲神社の御朱印

    (2)

  • 寿老人の御朱印

    (3)

(1)平成17年拝受の御朱印。揮毫は「浅草田甫」「鷲神社」。中央の朱印は「鷲神社」、下は八方崩しの書体で「鷲」。右上に熊手と「商売繁昌」。

(2)平成23年、三の酉でいただいた御朱印。朱印はほぼ同じだが、左上に日本武尊のスタンプ。

(3)浅草名所七福神、寿老人の御朱印。

鷲神社について

名称 鷲神社
通称 おとりさま 浅草鷲神社
旧称 鷲大明神社
御祭神 天日鷲命〔あめのひわしのみこと〕
日本武尊〔やまとたけるのみこと〕
鎮座地 東京都台東区千束三丁目18番7号
創建年代 不詳/※長國寺の縁起によれば明和8年(1771)
社格等 旧村社
例祭 11月酉の日(酉の市)
神事・行事 1月1日/元旦祭
1月初酉日/初酉祭
1月19日/福神講新年祭
2月節分/節分祭
2月23日/夏越祈年祭
6月30日/大祓式
12月初酉日/新嘗祭
12月31日/年越大祓式
巡拝 浅草名所七福神

御由緒

社伝によれば、天日鷲命が諸国を開拓して、この地に祀られるようになった。日本武尊が東夷征討に際して戦勝を祈願し、その帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて感謝し、戦勝を祝った。その日がたまたま11月の酉の日だったので例祭日と定めた。これが「酉の祭〔まち〕」、すなわち「酉の市」の始まりであるとする。

その後、この故事によって日本武尊を祭神に加えたという。

なお、鷲神社はもともと隣接する鷲在山長國寺(法華宗本門流)の鷲大明神社であった。長國寺は上総の大本山・長国山鷲山寺の末寺で、寛永7年(1630)浅草寺町に開創、寛文9年(1669)、現在地に移転した。

明治元年(1868)神仏分離令により長國寺から独立し、鷲神社と改称。明治6年(1873)村社に列した。

補足

長國寺の縁起に依れば、長國寺開創当初より鷲山寺の鎮守である鷲妙見大菩薩、別名・鷲大明神の出開帳が行われ、多くの参詣人を集めた。明和8年(1771)には鷲妙見大菩薩(鷲大明神)を勧請し、番神堂に祀った。このため、番神堂は妙見堂・鷲大明神社あるいは鷲の宮と呼ばれるようになった。

この鷲妙見大菩薩は、文永2年(1265)、日蓮聖人が上総国鷲巣の小早川家(現在の鷲山寺)で感得した。応現の日に因んで11月酉の日にご開帳を行ったのが「酉の市」の始まりとする。

ただし、酉の市は足立区花畑の大鷲神社が発祥とされ、かつては花畑の大鳥神社の酉の市を本酉、千住の勝専寺を中酉(現在は行われていない)、当社のものを新酉と呼んだという。

写真帖

  • 叉木

    叉木

  • 大鳥居

    朱塗りの大鳥居

  • 小鳥居

    天保10年(1839)の鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 神楽殿

    神楽殿・渡殿

  • 樋口一葉玉梓乃碑

    樋口一葉玉梓乃碑

  • 子規の句碑

    正岡子規の句碑

  • 其角の句碑

    其角の句碑

  • 拝殿

    拝殿

  • なでおかめ

    なでおかめ

  • 叶鷲

    叶鷲

  • 本殿

    本殿

  • 酉の市

    酉の市

  • 酉の市

    酉の市

メモ

初めて酉の市に参拝したのは平成9年頃だった。夕刻に並んで、神社にたどり着くまでずいぶんかかったが、参拝し終えると行列がさらに長くなり、千束五叉路に向かって延々と続いているのに驚いた記憶がある。
国際通りに面して鎮座する。「浅草田圃」というように、かつて周囲は一面の田圃だったらしいが、今はまったく面影がない。ビューホテルの辺りにあった十大祖師の幸龍寺が「田圃の幸龍寺」と呼ばれていたというので、そのあたりからずっと田圃だったはずなのだが、とても信じられない。

資料

下谷区史

鷲神社

竜泉寺町百十一番地に鎮り座す。
社伝にては創立の年月不詳であるが古老の談として、往古此地に天日鷲命の祠あり、日本武尊東夷征討の時、神前に祈願し、凱旋の際奉賽せられた。それが適々十一月酉の日であつたために、後祭神二座となり、この日を以て市を開くといひ、旧別当長國寺の縁起には、文永三年宗祖日蓮が上総国長生郡長地庄小早川左衛門大夫の家に滞留の時、祈願を籠めたので出現したのを、故あつて長國寺に勧請したが、実は破軍星で鷲の背に乗るによつて鷲大明神と号したといふ。日本武尊といひ、日蓮上人といひ、要するに伝説なのであらう。
東都歳時記の十一月酉の日の条の
下谷田圃鷲大明神社、別当長國寺、世俗しん鳥といふ。今日開帳あり、近来参詣群衆する者夥し。当社の賑へる事今天保壬辰より凡五十年以前よりの事とぞ。
といふ記事は当社の創祀年代を推測せしむるに充分であらう。天保壬辰は同三年で、それより凡そ五十年以前といへば安永、天明の頃から当社の酉の市は盛んになつたのである。そして「しん鳥」は新鳥で、千住在花又村(現足立区)の鷲大明神社(江戸名所図会に正一位大明神社とあり)の酉の市の「大鳥」に対したものであつてみれば、この社勧請の動機が奈辺にあつたかを推測しても、その祭祀が安永、天明年間よりさ程に遡ることでないことが察せられる。新撰東京名所図会の著者は何に拠られたか当社の鎮座を明和八年としてゐられる。いづれその頃のことであらう。そして安永、天明の頃はその酉の市がやゝ賑かになつたにしても、さまで有名の社とはならなかつたために、寛政の著述である江戸名所図会には記載を欠いてゐるのであらう。
長國寺の縁起に、「破軍星なり。鷲の背に乗るに因て鷲大明神と号す」といふのも花又村の鷲大明神社の「本地は釈迦如来にして、鷲に乗ずる体相なり」(江戸名所図会)と相通ずるものがあり、これ亦同一信仰系統より勧請せられたことを察知すべき一証となると思ふ。
なほ祭神に就いては鷲(わし)は土師(はし)の誤で、もとは土師大明神で、土師連の祖天菩比命を祭れるものではないかとの説を成すものがある。之は花又村の鷲大明神が世俗に浅草観音の奥院と称せられ、浅草寺縁起に出てくる土師臣中知及び桧前浜成・竹成の二漁人も土師姓と考へられるところより成された説である。参考として記し置くにとゞめよう。
明治元年五月、神仏分離令出づるや長國寺の別当を廃し、社号を鷲神社と改めた。尋で明治六年七月五日、村社に列せられた。後また幣帛供進社に指定せられた。
大正十二年九月一日の震火に遭ひ、本殿はじめ総ての建物は焼失し、今は仮社殿に神霊を奉安してある。
例祭は十一月の二の酉の日に執行する。またこの月には年によりて二度或は三度酉の日に市が立つ。之は江戸中期以降今日に至るまで一名物たるを失はぬ。これに就いては後に述べよう。
境内は百八十五坪八合、特に氏子と称するものはないが一般崇敬者が数多い。
旧別当長國寺は本門法華宗上総国長生郡鷲巣村(今茂原町の一大字)鷲山寺の末寺で、寛永七年、鷲山寺十二世日乾が浅草元鳥越に草創する所で、開基を坂本伝右衛門といふ。同九年、竜泉寺村に移つた。その地は大正七年一月二十日現地(竜泉寺町百二十番地)二百八十五年の間法灯を輝かしてゐた同町百六番地である。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)