浅草富士浅間神社

浅草富士浅間神社

正式名称 浅間神社(せんげんじんじゃ)
通称 浅草富士浅間神社(あさくさふじ せんげんじんじゃ)
御祭神 木花佐久耶姫命
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都台東区浅草5-3-2 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.asakusajinja.jp/asakusajinja/sengenjinja.html

【由緒概要】
創建年代は不詳だが、元は蔵前の三好町(現在の蔵前二丁目)に勧請されたが、幕命により現社地に遷座したと伝えられる。お山開きの縁日は植木市として知られ、現在では5月と6月の最終土・日曜日の4日間行われ、多くの人出で賑わう。

浅草富士浅間神社の御朱印

  • 浅草富士浅間神社の御朱印

    (1)

  • 浅草富士浅間神社植木市の御朱印

    (2)

  • 浅草富士浅間神社夏詣の御朱印

    (3)

(1)平成17年、植木市に拝受した御朱印。中央の朱印は桜の神紋。右上は「東京浅草」、左下は「富士浅間神社」。

(2)平成28年、植木市で拝受した御朱印。中央上の朱印は桜の神紋、下は「浅草富士浅間神社」、右下は麦藁蛇。

(3)平成28年、夏詣・例大祭(富士山山開き)の御朱印。中央上の朱印は桜の神紋、下は富士山に「夏詣」。右に麦藁蛇、左に「浅草富士浅間神社」の印。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

浅草富士浅間神社について

名称 浅間神社
通称 浅草富士浅間神社 お富士様
御祭神 木花佐久耶姫命〔このはなさくやひめのみこと〕
鎮座地 東京都台東区浅草五丁目3番2号
創建年代 元禄年間(1688~1703)以前?
社格等 旧無格社
例祭 7月1日
神事・行事 5月・6月の最終土・日曜日

御由緒

富士信仰の盛んだった江戸時代、富士山の遙拝所として勧請された浅間神社の一つ。元は蔵前の三好町(現在の蔵前二丁目)に勧請されたが、幕府の命により現在地に遷座したという。

創建年代については、本殿から発見された棟札により元禄年間(1688~1703)と考えられているが、寛文11年(1671)の江戸絵図に鳥居の表記があることから、その頃には鎮座していたのではないかとする説もある。

江戸時代は浅草寺の子院・修善院が別当として管理していたが、神仏分離のため、明治6年(1873)より浅草神社の兼務社となった。

土蔵造の本殿は明治11年(1878)の建造で、昭和20年(1945)の東京大空襲でも焼け残った。平成9~10年(1997~98)の改修工事で、外側に漆喰塗が施された。

例大祭は富士山の山開きが行われる7月1日。植木市はその縁日として知られているが、現在では5月と6月の最終土・日曜日に行われている。

写真帖

  • 全景

    全景

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水盤

    手水盤

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

  • 植木市

    植木市

メモ

浅草寺の北、浅草警察署の斜め向かいに鎮座する。境内は少し高くなっているが、創建当時、ここには小さな丘があり、その姿が富士山に似ていたとも伝えられる。御祭神に因んで境内には桜が植えられており、春には見事な花を咲かせる。普段は無人のため、植木市の日に参拝して御朱印を拝受した。後でわかったことだが、普段は浅草神社の授与所でいただけるようだ(平成17年当時、浅草神社授与所には御朱印に関する掲示がなかった)。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする