荒川区の神社一覧

胡録神社(汐入)

東京都荒川区南千住に鎮座する胡録神社の御朱印、由緒などの紹介。永禄4年(1561)の創建。元は第六天社と称したが、明治の神仏分離により、汐入の名産であった胡粉の胡と第六天の六に因んで胡録神社と改称した。

諏方神社(日暮里)

東京都荒川区西日暮里に鎮座する諏方神社の御朱印、由緒などの紹介。元久2年(1205)豊島経泰が勧請したと伝えられる。日暮里・谷中の鎮守で、文安年間(1444~49)太田道灌が社領を寄進、寛永12年(1635)現社地に遷座したという。

石濱神社

東京都荒川区南千住に鎮座する石浜神社の御朱印、由緒などの紹介。神亀元年(724)聖武天皇の勅願により創建されたと伝えられる。中世には大社として栄え、奥羽や関東の人々で伊勢神宮参詣が難しい者は当社に参詣して祓を受けたという。

尾久八幡神社

東京都荒川区西尾久に鎮座する尾久八幡神社の御朱印、由緒などの紹介。創建年代は不詳だが、至徳4年(1385)の棟札が残っていることから、それ以前に鎮座していたことがわかる。上尾久村・下尾久村・船方村の鎮守であった。

素盞雄神社

東京都荒川区南千住に鎮座する素盞雄神社の御朱印、由緒などの紹介。延暦14年(795)開祖・黒珍が素盞雄大神と飛鳥大神の託宣を受け、一祠を建ててお祀りした。近郷の総鎮守で、荒川区内で最も大きい氏子区域を持つ。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)