江戸三大閻魔一覧

霞関山 太宗寺

江戸三大閻魔、東京都新宿区新宿の霞関山太宗寺の御朱印、縁起・歴史、アクセスなどの紹介。太宗の開いた庵を起源とし、領主・内藤氏(信濃高遠藩主)の菩提寺となった。閻魔像は一丈八尺で江戸第一の巨像だった。

稱光山 華徳院

江戸三大閻魔、東京都杉並区松ノ木にある称光山華徳院の御朱印、縁起、アクセスなどの紹介。運慶作という閻魔大王の丈六像を本尊としていたが関東大震災で伽藍とともに焼失。昭和4年(1929)現在地に再建された。

薬王山 善養寺

江戸三大閻魔、東京都豊島区西巣鴨にある薬王山善養寺の御朱印、縁起・沿革、アクセスなどの紹介。慈覚大師が上野山内に開創。江戸時代に下谷坂本に移り、明治45年(1912)巣鴨に移転。閻魔像は、豊島区の登録有形文化財。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)