千代田区の神社一覧

五十稲荷神社

東京千代田区神田小川町に鎮座する稲荷神社(五十稲荷神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。五と十の日に縁日の市が立ち、「五十〔ごとお〕の縁日」と呼ばれたことから五十稲荷と呼ばれるようになった。

柳森神社

東京都千代田区神田須田町に鎮座する柳森神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。太田道灌が江戸城の鬼門除けとして柳を植え、伏見稲荷の御分霊を勧請したことに始まる。江戸三森の一社として信仰を集めた。

太田姫稲荷神社

太田姫稲荷神社の御朱印。東京都千代田区神田駿河台鎮座。旧村社。太田道灌が山城国の一口(いもあらい)稲荷を勧請、江戸城鎮護の神としたと伝えられる。

築土神社

東京都千代田区九段北に鎮座する築土神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。平将門の首級を縁の人々が密かに祀り、津久戸明神と称したのが始まりとされる。

平河天満宮

東京都千代田区平河町に鎮座する平河天満宮の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。室町時代、太田道灌が川越の三芳野天神を江戸城内に勧請したことに始まる。

東京大神宮

東京都千代田区富士見鎮座の東京大神宮の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。別表神社。神前結婚式を初めて執り行ったことから縁結びの神社として知られ、良縁を願う若い女性に人気が高い。

三崎稲荷神社

東京都千代田区三崎町に鎮座する三崎稲荷神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。三崎村の鎮守として平安時代の終わりから祀られていたという。旅行安全の神としても信仰を集めている。

神田神社(神田明神)

東京都千代田区外神田に鎮座する神田神社(神田明神)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。江戸の総鎮守として江戸っ子の崇敬を受けた。東京十社、別表神社。戦前の御朱印も掲載。

靖國神社

東京都千代田区九段北に鎮座する靖国神社の御朱印、由緒,アクセスなどの紹介。明治2年、東京招魂社として創建。幕末以来の護国英霊をお祀りする旧別格官幣社。勅祭社。戦前の御朱印も掲載。

日枝神社(赤坂)

東京都千代田区永田町に鎮座する日枝神社(山王日枝神社・赤坂日枝神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。徳川将軍家の産土神。江戸城守護・皇城鎮護の旧官幣大社。東京十社。大正~昭和戦前の御朱印も掲載。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)