東京大神宮

東京大神宮

東京大神宮は、明治13年(1880)伊勢神宮の遙拝所として日比谷に創建されたことを起源とする。同15年(1882)神道神宮派の独立にともなって大神宮祠と改称、同32年(1899)神宮奉斎会の本院となった。昭和3年(1928)現社地に遷座。戦後、東京大神宮と改称した。明治34年(1901)民間における初めての神前結婚式が行われた由縁により、近年では縁結びの御神徳で人気を集めている。

正式名称 東京大神宮〔とうきょうだいじんぐう〕
御祭神 天照皇大神 豊受大神 〈相殿〉天御中主神 高御産巣日神 神産巣日神 倭比売命
社格等 (旧神宮奉斎会本院) 別表神社
鎮座地 東京都千代田区富士見2-4-1 [Mapion | googlemap]
最寄り駅 飯田橋(JR・東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線)より徒歩約5分
九段下(東西線・半蔵門線・都営新宿線)より徒歩約7分
公式サイト http://www.tokyodaijingu.or.jp/
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

御由緒

東京大神宮は、明治13年(1980)日比谷の神宮司庁東京出張所内に創建された皇大神宮遙拝殿を起源とする。

明治15年(1682)に神宮司庁と神宮教院の分離に伴って神宮教院の所管となり、神宮教の大神宮祠となったが、一般には日比谷大神宮と呼ばれた。明治32年(1899)神宮教が解散して財団法人神宮奉斎会が設立されると、その本院となった。

大正12年(1923)関東大震災により社殿等全焼した。御神体は一時内務省に奉安され、昭和3年(1928)現在地に新社殿を建立し、飯田橋大神宮と呼ばれるようになった。

戦後、神宮奉斎会・皇典講究所・大日本神祇会が中心となって神社本庁が発足したことに伴い、宗教法人・東京大神宮となって現在に至る。

神前結婚式の歴史は明治33年(1900)、当時の皇太子(後の大正天皇)の結婚の儀が宮中賢所で行われたことに始まる。翌34年、これを記念して神宮奉斎会が神前結婚式を創始、本院すなわち当社において、民間における初めての神前結婚式を執り行った。その由縁により、縁結びの神徳があるとして参拝する人が多い。

境内末社の飯富稲荷神社は、日比谷大神宮鎮座当初より境内に祀られていた。不世出の名優・九代目市川団十郎が深く信仰したという。

御朱印

  • 東京大神宮の御朱印

    (1)

  • 東京大神宮の御朱印

    (2)

(1)平成16年拝受の御朱印。朱印・墨書ともに「東京大神宮」。

(2)平成26年の御朱印。朱印・墨書ともに「東京大神宮」で、平成16年のものと同じ。

写真帖

  • 社号標

    目白通り沿いの社号標

  • 鳥居

    鳥居

  • 飯富稲荷神社

    末社 飯富稲荷神社

  • 神門

    神門

  • 拝殿

    拝殿

メモ

以前はそれほどでもなかったのだが、最近は縁結びの神社として大変な人気のようで、休日など若い女性やカップルの参拝者が多くなっているようだ。

東京大神宮の概要

名称 東京大神宮
旧称 皇大神宮遙拝殿 大神宮祠 神宮奉斎会本院 日比谷大神宮 飯田橋大神宮
御祭神 天照皇大神〔あまてらすすめおおみかみ〕
豊受大神〔とようけのおおかみ〕
〈相殿〉
天御中主神〔あめのみなかぬしのかみ〕
高御産巣日神〔たかみむすびのかみ〕
神産巣日神〔かみむすびのかみ〕
倭比売命〔やまとひめのみこと〕
鎮座地 東京都千代田区富士見二丁目4-1
創建年代 明治13年(1880)
社格等 (旧神宮奉斎会本院) 別表神社
例祭 4月17日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
1月3日/元始祭
1月成人の日/成人祭
2月3日/節分祭
2月11日/紀元祭
2月17日/祈年祭
2月28日/雛まつりの祓
旧2月上午の日/飯富稲荷神社初午祭
6月30日/大祓式
7月7日/七夕祈願祭
8月15日/飯富稲荷神社夏季大祭
旧8月15日/観月祭
10月17日/秋季大祭
11月23日/新嘗祭
12月31日/大祓式・除夜祭
巡拝 東京五社

交通アクセス

□飯田橋駅(JR・東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線)より徒歩約5分
□九段下駅(東西線・半蔵門線・都営新宿線)より徒歩約7分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)