腰掛稲荷神社

腰掛稲荷神社

腰掛稲荷神社の社伝によれば、徳川家光が鷹狩りの際、この地で大木の切り株に腰を掛けて休息した(一説には徳川家康が榎の大木に腰掛けたとも)。周囲の風景を楽しんだ後、傍らの稲荷の祠を拝して立ち去った。里人は不敬にならないよう切り株の周囲を竹矢来で囲み、稲荷の祠を「腰掛稲荷」と称して祀ったという。

正式名称 稲荷神社〔いなりじんじゃ〕
通称 腰掛稲荷神社〔こしかけ いなりじんじゃ〕
御祭神 豊受姫命
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都文京区目白台3-26-1 [Mapion|googlemap]
最寄り駅 護国寺(東京メトロ有楽町線)
バス停:目白台三丁目
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




御由緒

腰掛稲荷神社は小高い岡の上に鎮座しており、かつては武蔵野の眺望極めて勝れていたという。

社伝によれば、ある時、三代将軍家光公が鷹狩りに訪れ、この地で休息した。大木の切り株があったので腰を掛け、「絶景なり」と辺りの風景を楽しんだ後、傍らにあった稲荷の小祠を拝して立ち去った。そこで、近在の人々は不敬のないよう切り株の廻りに竹矢来を廻らし、稲荷の祠を祀った。

後年、切り株が朽ち果てると、その伝承を伝えるために社殿を建立し、「腰掛稲荷」と称したという。

『新編武蔵風土記稿』は、徳川家康が鷹狩りの時、榎の古木に腰を掛け、その榎の下に当社を勧請したので腰掛稲荷と称するとしている。

当時の別当は下高田村の金乗院だった。

嘉永6年(1853)の音羽切絵図には「コシカケイナリ」として記されている

音羽切絵図(拡大)

音羽切絵図(拡大)

かつて、周辺には肥後細川家をはじめとして大名屋敷が並び、祭礼にはお遣いの女中たちがお供物を捧げ持ってきたそうである。

明治7年(1874)稲荷神社と改称し、高田氷川神社の附属社となった。

資料

新編武蔵風土記稿

稲荷社

清戸ニアルヲモテ清戸稲荷ト称ス。則清戸及小石川四ツ家町ノ鎮守ナリ。此辺東照宮御放鷹ノ折カラ榎ノ古木ニ御腰ヲ掛給ヒシカバ、其樹下ヘ当社ヲ勧請セシニヨリ土人腰掛稲荷ト称セリ。彼榎モイツシカ枯槁セリ。下高田村金乗院持。

小石川区史

稲荷神社(腰掛稲荷)

雑司ヶ谷町に在り、祭神は豊受姫命である。創建年代は不明であるが、元豊受大神と号し、徳川三代将軍家光が御鷹野の際、この地に休息したと伝へ、その故を以て腰掛稲荷とも云はれてゐた。
明治七年稲荷神社と改称し、高田氷川神社の附属社となつた。社格は無格社である。

御朱印

  • 腰掛稲荷神社の御朱印

平成17年に拝受した御朱印。中央の朱印は抱き稲の神紋、左下は「稲荷神社之印」。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 庚申塔

    庚申塔

  • 拝殿

    拝殿

  • 社殿

    社殿側面

メモ

宮司さんの奥様が親切な方で、いろいろ昔の話を聞かせてくれた。現在では周囲を高い建物に囲まれ、箱庭のようになってしまっているが、もとは高台の端で、斜面の下には音羽川が流れ、お茶の水から池袋の辺りまで一望にできたそうだ。宮司さんが子どもの頃は、境内の木にミミズクが棲んでいたという。今は斜面の麓にも高層マンションが建ち、かつての景観を偲ぶことはできない。
小さな神社であるが、江戸・東京の歴史の流れを実感させられる場所である。

腰掛稲荷神社の概要

名称 稲荷神社
通称 腰掛稲荷神社
旧称 豊受大神 腰掛稲荷
御祭神 豊受姫命〔とようけひめのみこと〕
鎮座地 東京都文京区目白台三丁目26番1号
創建年代 不詳
社格等 旧無格社
例祭 9月10日に近い日曜日
神事・行事 1月1日/元旦祭
2月上午の日/中祭
6月30日/大祓
※『平成「祭」データ』による

交通アクセス

□東京メトロ有楽町線「護国寺駅」より徒歩5分
□JR山手線目白駅より徒歩約20分、またはバス
■都バス新宿駅西口行き「目白台三丁目」下車徒歩5分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする