PR

文京区の神社

スポンサーリンク
文京区の神社

駒込富士神社

東京都文京区本駒込に鎮座する富士神社(駒込富士神社)の御朱印、由緒などの紹介。寛永6年(1628)本郷に鎮座していた富士社を駒込の富士塚に遷座・合祀したと伝えられる。江戸における富士信仰の中心の一つで、今も6月30日~7月2日の山開きには多くの参拝者で賑わう。
文京区の神社

妻戀神社

東京都文京区湯島に鎮座する妻恋神社の御朱印、由緒などの紹介。里人が弟橘媛命を偲ぶ日本武尊の心を哀れみ、妻恋明神として祀ったという。江戸時代は関東惣司・妻恋稲荷として信仰を集めた。よい初夢が見られるという吉夢(よいゆめ)や縁結びの御守りなどでも知られる。
文京区の神社

簸川神社

東京都文京区千石に鎮座する簸川神社の御朱印、由緒などの紹介。社伝によれば孝昭天皇の御代(B.C.473)の鎮座とされる。元は氷川神社と称し、江戸七氷川の一に数えられた。大正の頃、学者に研究を依頼して「簸川」が妥当との結論を得、氏子に諮って改称したという。
文京区の神社

子育稲荷神社・巣鴨大鳥神社

東京都文京区千石に鎮座する稲荷神社(子育稲荷神社・巣鴨大鳥神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。元治元年(1864)より酉の市が行われ、巣鴨大鳥神社の名で広く知られるようになった。
文京区の神社

正八幡神社(関口)

東京都文京区関口に鎮座する正八幡神社の御朱印、由緒などの紹介。創建年代は不詳だが、江戸時代には関口八幡宮と称した。また、目白台の水神社相殿の椿山八幡宮を下之宮、当社を上之宮と称したという。
文京区の神社

今宮神社(音羽)

東京都文京区音羽に鎮座する今宮神社(今宮五社)の御朱印、由緒などの紹介。元禄10年(1697)桂昌院(徳川綱吉の生母)の発願により、京都紫野の今宮神社を勧請したことに始まる。
文京区の神社

小日向神社

東京都文京区小日向に鎮座する小日向神社の御朱印、由緒などの紹介。明治2年(1869)小日向水道町(小日向一丁目)の氷川神社と音羽町九丁目(音羽一丁目)の田中八幡を合祀し、地名をとって小日向神社とした。
文京区の神社

駒込天祖神社

東京都文京区本駒込に鎮座する天祖神社(駒込天祖神社)の御朱印、由緒などの紹介。古くは文治5年(1189)奥州征伐に向かう源頼朝が夢告を受け、神明宮を勧請したと伝えられる。
文京区の神社

吹上稲荷神社

東京都文京区大塚に鎮座する吹上稲荷神社の御朱印、由緒アクセスなどの紹介。社伝によれば、元和8年(1622)徳川秀忠が江戸城紅葉山の吹上御殿に勧請したのが起こりという。
文京区の神社

腰掛稲荷神社

東京都文京区目白台に鎮座する稲荷神社(腰掛稲荷)の御朱印、由緒などの紹介。徳川家光が鷹狩りの際、大木の切り株に腰掛けて辺りの景色を楽しんだ後、傍らの稲荷の祠を拝して立ち去った。その由緒により「腰掛稲荷」と称されるという。
スポンサーリンク