久我山稲荷神社

久我山稲荷神社

正式名称 稲荷神社〔いなりじんじゃ〕
通称 久我山稲荷神社〔くがやま いなりじんじゃ〕
御祭神 受持命 〈相殿〉大日孁貴神
社格等 旧村社
鎮座地 東京都杉並区久我山3-37-14 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.shimotakaido.org/hachiman/kugayama/

【由緒概要】
久我山村の鎮守で、創建年代や歴史については不詳。明治40年(1907)村内の天祖神社を合祀した。7月の夏祭りでは「湯の花神事」が行われる。昔、疫病が流行ったときに「湯の花をもって村人の罪穢れを祓え」という託宣により始まり、日清戦争の時に一度中断したがその後再開され、現在まで続いているという。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




久我山稲荷神社の御朱印

  • 久我山稲荷神社の御朱印

平成23年拝受の御朱印。朱印は「稲荷神社」。

久我山稲荷神社について

名称 稲荷神社
通称 久我山稲荷神社
御祭神 受持命〔うけもちのみこと〕
〈相殿〉
大日孁貴神〔おおひるめのむちのかみ〕
鎮座地 東京都杉並区久我山三丁目37番14号
創建年代 不詳
社格等 旧村社
例祭 10月第1日曜日
神事・行事 7月24日/夏祭り(湯の花神事)

御由緒

久ヶ山村の鎮守。旧別当は久盛山光明寺(廃寺)であった。

創建については不詳だが、昭和15年(1940)の『東京市杉並区勢概要』には「創立由緒ともに不詳なるも今より約二百余年前の創建と伝ふ」とある。明治40年(1907)字北原にあった天祖神社を合祀した。昭和16年(1941)村社に昇格する。

7月24日の夏祭りには湯の花神事(湯立て神楽)が奉納される。これは境内に大釜を据えて湯を沸かし、小笹を浸して打ち振り、神楽を奉納する。これを浴びた者は1年間病知らずという。昔、当地に疫病が流行したとき、「湯の花をもって村人の罪穢れを祓え」という神託があった。そこで湯立て神事を行って神楽を奉納すると、たちまち疫病が治まった。日清戦争の際に一度中断したが、疫病が流行したため再開され、その後は一度も中断することなく続いているという。

写真帖

  • 一の鳥居

    一の鳥居

  • 庚申塔

    庚申塔

  • 二の鳥居

    二の鳥居

  • 舞殿

    舞殿

  • 境内社

    天満天神社・八雲神社

  • 「人心同」碑

    「人心同」碑

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

久我山駅の近く、神田川沿いの高台に鎮座する。周囲は住宅地になっている。
境内には神楽殿が二つある。木造の風格漂う「舞殿」と二階建ての「囃子堂」で、囃子堂の1階は額殿になっているらしい。また、「人心同」の碑は李氏朝鮮末期の改革派政治家・金玉均の手跡を刻んだもので、明治32年(1899)氏子によって奉納されたという。
御朱印は下高井戸八幡神社でいただくことができる。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする