馬橋稲荷神社

馬橋稲荷神社

正式名称 馬橋稲荷神社〔まばし いなりじんじゃ〕
御祭神 宇迦之魂神 大麻等能豆神 〈相殿〉伊弉册神 美都波能賣神 菅原道真朝臣
社格等 旧村社
鎮座地 東京都杉並区阿佐谷南2-4-4 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.mabashiinari.org/

【由緒概要】
社伝によれば鎌倉時代の末期の創建。天保3年(1832)神祇伯白川家より正一位足穂稲荷大明神の神号を賜った。明治40年(1907)旧馬橋村内にあった御嶽神社・白山神社・天神社・水神社を合祀。昭和40年(1965)住居表示制度の実施によって馬橋の地名がなくなることを惜しみ、社号を馬橋稲荷神社と改めた。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

馬橋稲荷神社の御朱印

  • 馬橋稲荷神社の御朱印

    (1)

  • 馬橋稲荷神社の御朱印

    (2)

(1)平成17年拝受の御朱印。上の朱印は「馬橋稲荷神社」、下は「宮司之印」。

(2)平成28年拝受の御朱印。上の朱印は「馬橋稲荷神社」、下は「馬橋稲荷神社参拝章」。

馬橋稲荷神社について

名称 馬橋稲荷神社
旧称 稲荷神社 正一位足穂稲荷大明神 五社神社
御祭神 宇迦之魂神〔うかのみたまのかみ〕
大麻等能豆神〔おおまとのづのかみ〕
〈相殿〉
伊弉册神〔いざなみのかみ〕
美都波能賣神〔みずはのめのかみ〕
菅原道真朝臣〔すがわらみちざねあそん〕
鎮座地 東京都杉並区阿佐谷南二丁目4番4号
創建年代 鎌倉時代末期
社格等 旧村社
例祭 9月選日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
1月7日/とんど焼き
2月節分の日/節分祭
2月初午の日/初午祭
3月春分の日/春季慰霊祭
4月第一日曜日/新入学児童祈願祭
6月30日/夏越の大祓
7月夏休み最初の日曜/子供縁日大会
9月秋分の日/秋季慰霊祭
11月23日/新穀感謝祭
12月30日/大祓式
12月31日/除夜祭

御由緒

馬橋村の鎮守。別当は真言宗の海原山福泉寺(廃寺)であった。その歴史は詳らかでないが、鎌倉時代の末期に創建されたと伝えられている。

天保2年(1831)大谷作六他53名の村民が寄付を募り、白川神祇伯家の御役所に御神体と御神号の宣下を願い出た。翌3年(1832)正一位足穂稲荷大明神の御神号を賜り、勧遷の許可を得て、厳かに勧遷の式を執り行った(白川家では勧請を勧遷といった)。天保11年(1840)拝殿を改築。

明治40年(1907)本殿を改築し、村内の御嶽神社、白山神社、水神社、天神社を合祀した。それにより五社神社と呼ばれたこともあったという。昭和2年(1927)村社に昇格、同13年(1938)総檜入母屋流造の拝殿・幣殿・祝詞殿が落成する。拝殿には「稲荷宮」と「御嶽宮」の額が掲げられている。

昭和25年(1950)境内に斎霊殿を設けた。日清・日露・大東亜戦争の氏子戦歿者並びに神社関係物故者の御霊を祀り、春秋に慰霊祭を行う。

昭和40年(1965)住居表示の実施により、馬橋の地名がなくなった。そこで、馬橋の名を後世に伝えるため、現在の社名に改めた。同時に真鶴産の6tの本小松石を用いた社号標を参道入口に建てた。

昭和50年(1975)御鎮座700年を記念して随身門を新築。昭和62年(1987)神楽殿を改築して舞殿が完成。平成5年(1993)正面参道の中鳥居、平成8年(1996)大鳥居を建立し、大神輿の参道巡幸が可能になった。

写真帖

  • 社号標

    社号標

  • 一の鳥居

    一の鳥居

  • 二の鳥居

    二の鳥居

  • 三の鳥居

    三の鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 神門

    神門

  • 舞殿

    舞殿

  • 境内社

    厳島神社・水神社

  • 斎霊殿

    斎霊殿

  • 拝殿

    拝殿

  • 神号額

    神号額

  • 本殿

    本殿

メモ

木々の緑に朱色の鳥居や神門が引き立つ。社殿は素木だが、拝殿前に朱色の鳥居と玉垣があるため、朱塗りのような印象を受ける。正面の朱塗りの大鳥居は樹齢400年のヒバを使っており、高さは8mとのこと。二の鳥居は御影石製の稲荷鳥居だが、柱に龍が巻き付いている。随神門に吊された開運の鈴は、都内最大の鈴とのこと。重さ5tという手水舎の伊予の青石も見事である。規模の大きな神社ではないが、随所にこだわりや見栄えへの配慮が感じられる。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)