皇大神宮別宮 倭姫宮

倭姫宮

倭姫宮は、皇大神宮(内宮)の別宮である。垂仁天皇の御代、倭姫命は天照大御神を奉戴して諸国を巡り、五十鈴川の畔に鎮め祀った。さらに祭祀や神領、神職の職掌などを定めて神宮の基礎を築いたと伝えられる。その功績を讃え、大正12年(1923)に創立された。

正式名称 皇大神宮別宮
倭姫宮〔やまとひめのみや〕
御祭神 倭姫命
社格等 皇大神宮別宮
鎮座地 三重県伊勢市楠部町5 [Mapion|googlemap]
最寄り駅 五十鈴川(近鉄)
バス停:徴古館前
公式サイト http://www.isejingu.or.jp/about/naiku/yamatohime.html
関連サイト http://www.yamatohime.jp/(倭姫宮御杖代奉賛会)
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




御朱印

  • 倭姫宮の御朱印

    (1)

  • 倭姫宮の御朱印

    (2)

(1)平成18年拝受の御朱印。朱印は「倭姫宮印」。

(2)平成28年拝受の御朱印。

昔の御朱印

  • 昭和14年の御朱印

    (1)

(1)昭和14年の御朱印。朱印は現在のものと同じ「倭姫宮印」。

御由緒

倭姫宮は、皇大神宮の別宮のうちもっとも新しく創建された別宮で、倭姫命をお祀りする。

倭姫命は垂仁天皇の第四皇女で、母は皇后の日葉酢媛命。豊鋤入姫命〔とよすきいりひめのみこと〕の後を継いで天照大神の御杖代〔みつえしろ〕となり、八咫鏡〔やたのかがみ〕と天叢雲剣〔あめのむらくものつるぎ〕を捧持して大和国から伊賀・近江・美濃などを巡行した。

そして、伊勢国に入ったとき、「是の神風の伊勢国は、常世之浪〔とこよのなみ〕重浪〔しきなみ〕〔よ〕する国なり。傍国可怜国〔かたくにのうましくに〕なり。是の国に居らむと欲〔おも〕ふ(この神風の伊勢の国は常世の波が繰り返し打ち寄せる国である。大和の傍らにある国で、美しいよい国である。この国に居たいと思う)」との神託を受け、五十鈴川の畔に大神を鎮め祀った。これが伊勢神宮の起こりとされる。

※後に天叢雲剣は日本武尊に授けられ、草薙剣〔くさなぎのつるぎ〕として熱田神宮に祀られている。

さらに倭姫命は神嘗祭をはじめとする神宮の祭祀や神領・神職の職掌等を定め、神宮の祭祀と維持経営の基盤を整えたと伝えられる。倭姫命の教説と伝えられる内容は、中世から近世の神道家に大きな影響を与えた。

このような功績を讃え、大正の初めから神宮司庁と宇治山田市(現・伊勢市)が倭姫命を祀る宮の創立の請願を行った。大正10年(1921)1月4日に皇大神宮別宮として倭姫宮の創立が許可され、同12年(1923)11月5日に鎮座祭が執り行われた。

伊勢の地を拓いた倭姫命に対する敬慕の念は非常に篤く、昭和23年(1948)には崇敬者により御杖代講が結成された。現在は倭姫宮御杖代奉賛会となり、毎年5月5日に春の例大祭、11月5日に秋の例大祭を執り行っている。

写真帖

  • 表参道の鳥居

    表参道の鳥居

  • 裏参道の鳥居

    裏参道の鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 祓所

    祓所

  • 境内

    境内

  • 倭姫宮

    倭姫宮

メモ

外宮から内宮に向かう御幸道路沿い、神宮徴古館や神宮文庫・皇學館大学がある倉田山に鎮座する。鬱蒼とした森の中の清浄に保たれた参道を進むと石段があり、その突き当たりに正殿と古殿地が並ぶ。宿衛屋の前の参道を進むと、神宮徴古館のすぐ前に出る。

倭姫宮の概要

名称 倭姫宮
御祭神 倭姫命〔やまとひめのみこと〕
鎮座地 三重県伊勢市楠部町5
創建年代 大正12年(1923)
社格等 皇大神宮別宮
神事・行事 1月1日/歳旦祭
1月3日/元始祭
2月11日/建国記念祭
2月20日/祈年祭
5月5日/春の例大祭
5月14日/風日祈祭
6月24~25日/月次祭
8月4日/風日祈祭
10月24~25日/神嘗祭
11月5日/秋の例大祭
11月26日/新嘗祭
12月24~25日/月次祭

交通アクセス

□近鉄鳥羽線「五十鈴川駅」より徒歩15分
□JR・近鉄「伊勢市駅」よりバス
■徴古館経由外宮内宮循環バス「徴古館前」下車徒歩3分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする