鹽竈神社(新橋)

鹽竈神社

新橋の鹽竈神社は元禄8年(1695)仙台藩主・伊達綱村が陸奥国一宮・鹽竈神社の御分霊を汐留の江戸上屋敷内に勧請したことに始まる。安政3年(1856)伊達慶邦により中屋敷(現社地)に遷された。一般の参拝も許されるようになり、安産の神として広く信仰を集めた。

正式名称 鹽竈神社〔しおがまじんじゃ〕
御祭神 塩土老翁 武甕槌命 経津主命 
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都港区新橋5-19-7 [Mapion|googlemap]
最寄り駅 新橋(JR・銀座線・都営浅草線)
御成門(都営三田線)
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

御由緒

新橋の鹽竈神社は、元禄8年(1695)仙台藩4代藩主・伊達綱村が陸奥国一宮・鹽竈神社の御分霊を、汐留にあった仙台藩上屋敷に勧請したことを創祀とする。

安政3年(1856)13代藩主・慶邦が中屋敷に遷座。現在の社地である。慶邦は一般にも開放したため、安産の神として多くの参詣者を集めた。

明治維新以降、藩邸はなくなったが神社は存続し、以前に増して信仰を集めるようになった。毎月10日の縁日には多くの女性が参拝したという。

関東大震災での被災の後、昭和5年(1930)災害時の避難場所の確保を兼ねて敷地の一部を公園として開放、東京で唯一の町立公園となった。

昭和20年(1945)5月、米軍の空襲により再び焼失。戦後、社殿を再建するとともに境内に欅や公孫樹を植樹した。同46年(1971)現在の境内地を登記し、東側は港区立塩釜公園として整備された。

御朱印

  • 鹽竈神社(新橋)の御朱印

平成19年拝受の御朱印。朱印・揮毫ともに「鹽竈神社」。上に鹽竈桜の神紋。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 境内

    境内

  • 社殿

    社殿

メモ

新橋駅から歩いて10分足らず、ビル街の真ん中に忽然と緑の森が現れる。狭いながらも、鬱蒼とした印象を与える。隣接する塩釜公園と一体のようになっており(もともと塩釜公園は鹽竈神社の境内地だった)、都心では貴重な緑のオアシスとなっている。現在、普段は無人のようである。元旦に参拝して御朱印をいただくことができた。(※平成19年時点)

鹽竈神社の概要

名称 鹽竈神社
旧称 鹽竈大明神
御祭神 塩土老翁〔しおつちのおじ〕
武甕槌命〔たけみかづちのみこと〕
経津主命〔ふつぬしのみこと〕
鎮座地 東京都港区新橋五丁目19番7号
創建年代 元禄8年(1695)
社格等 旧無格社
例祭 5月10日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
2月11日/紀元祭
2月17日/祈年祭
6月30日/大祓
11月23日/新嘗祭
12月31日/大祓・除夜祭

交通アクセス

□新橋駅(JR・銀座線・都営浅草線)より徒歩6分
□御成門駅(都営三田線)より徒歩6分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)