昔の納経帳・集印帖一覧

江戸時代・明治・大正・昭和の納経帳や集印帖に収められた納経・御朱印の紹介

明治39年(1906)はがきアルバムの御朱印(3)

明治後期のはがきアルバムに収められた、寺社の朱印が押されているはがき・絵はがきの紹介。明治後期から昭和の初めにかけてはがきや絵はがきに寺社の印を受けている例があるが、その中でも最も早い時期のもの。江戸時代以来の納経帳から折り本式集印帖での集印に移行する過渡的な段階といえる。

明治39年(1906)はがきアルバムの御朱印(2)

明治後期のはがきアルバムに収められた、寺社の朱印が押されているはがき・絵はがきの紹介。明治後期から昭和の初めにかけてはがきや絵はがきに寺社の印を受けている例があるが、その中でも最も早い時期のもの。江戸時代以来の納経帳から折り本式集印帖での集印に移行する過渡的な段階といえる。

明治39年(1906)はがきアルバムの御朱印(1)

明治後期のはがきアルバムに収められた、寺社の朱印が押されているはがき・絵はがきの紹介。明治後期から昭和の初めにかけてはがきや絵はがきに寺社の印を受けている例があるが、その中でも最も早い時期のもの。江戸時代以来の納経帳から折り本式集印帖での集印に移行する過渡的な段階といえる。

天保15年(1844)六十六部の納経帳(3)

天保15年(1844)から弘化4年(1847)にかけて六十六部廻国行者が信濃から東海・紀州・四国・中国・丹後・若狭を経て信州に戻った廻国巡礼の納経帳のうち、四国の寺社。四国八十八ヶ所を逆打ちし、札所は専用の納経帳で拝受、番外その他の寺社のみこの納経帳にいただいたと思われる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)