千束稲荷神社

千束稲荷神社

千束稲荷神社は、下谷竜泉寺町の鎮守。創建年代は不詳だが、往古は下谷から浅草にまたがる千束郷の鎮守で、上下二社に分かれている内の下社であったという。樋口一葉は一年ほど竜泉寺町に住んでおり、その時の体験を元に執筆した『たけくらべ』には当社の祭礼の様子が描かれている。

正式名称 稲荷神社〔いなりじんじゃ〕
通称 千束稲荷神社〔せんぞく いなりじんじゃ〕
御祭神 倉稲魂命 素盞嗚尊
社格等 旧村社
鎮座地 東京都台東区竜泉2-19-3 [Mapion|googlemap]
最寄り駅 三ノ輪(東京メトロ日比谷線)
三ノ輪橋(都電荒川線)
バス停:三ノ輪駅前・竜泉
公式サイト http://senzokuinari.tokyo-jinjacho.or.jp/
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




御朱印

  • 千束稲荷神社の御朱印

    (1)

  • 千束稲荷神社の御朱印

    (2)

  • 千束稲荷神社の御朱印

    (3)

(1)平成17年拝受の御朱印。中央上の朱印は抱き稲の神紋、下は「千束稲荷神社之印」。左下に「家内安全 商売繁昌」。

(2)平成24年拝受の御朱印。朱印は平成17年のものと同じ。「たけくらべゆかり」の墨書が入る。

(3)平成29年拝受、夏詣の御朱印。朱印はほぼ平成17年のものと同じ。左上に「夏詣」の添印を配す。

御由緒

千束稲荷神社は、下谷龍泉寺町の鎮守。創建年代は不詳だが、寛文年間(1661~72)であろうという。旧別当は真言宗の東光山龍泉寺。

千束は下谷・浅草両地域にまたがる中世の郷名で、浅草・鳥越・金杉・石浜などが含まれていた。千束稲荷は千束全郷の鎮守で上下二社あり、浅草寺境内の西宮稲荷(上千束稲荷、現在は廃絶)が上社、当社が下社(下千束稲荷)だったという。

その後、千束郷の一部が龍泉寺村となり、当社はその氏神とされた。延享2年(1745)村の一部が町方支配の下谷龍泉寺町となっている。

明治5年(1872)村社に列格。関東大震災の後、区画整理のために社地が50mほど東へ移された。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 手水舎

    手水舎

  • 樋口一葉文学碑

    樋口一葉文学碑

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

樋口一葉は明治26年(1893)から1年ほど下谷龍泉寺町に住んでいた。その体験をもとに執筆された『たけくらべ』には千束稲荷の祭礼の様子が生き生きと描かれている。その縁から、境内には樋口一葉文学碑が建立され、近年は御朱印にも「たけくらべゆかり」の一筆が添えられるようになった。

千束稲荷神社の概要

名称 稲荷神社
通称 千束稲荷神社
旧称 下千束稲荷
御祭神 倉稲魂命〔うかのみたまのみこと〕
素戔嗚尊〔すさのおのみこと〕
鎮座地 東京都台東区竜泉二丁目19番3号
創建年代 不詳
社格等 旧村社
例祭 5月第4土曜日
神事・行事 1月1日/歳旦祭・若水授与
2月3日/節分厄除け神事
2月二の午/初午祭・祈年祭
11月23日/新嘗祭
12月31日/大祓式・除夜祭

交通アクセス

□東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」より徒歩5分
□東京メトロ日比谷線「入谷駅」より徒歩10分
□都電荒川線「三ノ輪橋駅」より徒歩10分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする