葛飾区の神社一覧

高砂天祖神社

東京都葛飾区高砂に鎮座する天祖神社(高砂天祖神社)の御朱印、由緒(歴史)、アクセスなどの紹介。旧曲金村(現・高砂)等の鎮守で元は三社大明神と称した。中世、当地一帯に葛西御厨が置かれていた時代に伊勢神宮の御分霊を勧請したと伝えられる。

上千葉香取神社

東京都葛飾区堀切に鎮座する香取神社(上千葉香取神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。宝徳3年以前に下総国一宮・香取神宮から御分霊を勧請したことに始まる。明治6年に千葉神社と改称したが、昭和32年元の香取神社に復称した。

小谷野神社

東京都葛飾区堀切に鎮座する小谷野神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。小谷野村の鎮守で、元は稲荷神社と称した。住居表示制度の実施で小谷野の地名がなくなるため、小谷野神社と改称した。

小菅神社

東京都葛飾区小菅に鎮座する小菅神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。明治2年(1869)小菅県が設置されたとき、県庁内に伊勢神宮を勧請したことにはじまる。

奥戸天祖神社

東京都葛飾区奥戸に鎮座する天祖神社(奥戸天祖神社)の御朱印、由緒などの紹介。古くは三社明神社と称した。葛西御厨の時代、伊勢の皇大神宮を勧請し、香取・鹿島の神を合わせ祀って村の鎮守としたと考えられている。

柴又八幡神社

東京都葛飾区柴又に鎮座する八幡神社(柴又八幡神社)の御朱印、由緒などの紹介。社殿は古墳の上に建っている。柴又は奈良時代に遡る古い土地であり、当社の創建も古く遡るであろうという。

亀有香取神社

東京都葛飾区亀有に鎮座する香取神社(亀有香取神社)の御朱印、由緒などの紹介。建治2年(1276)香取神宮より御分霊を勧請し、村の鎮守としたことに始まる。地名に因み、社前に狛亀を安置する。

青砥神社

東京都葛飾区青戸に鎮座する青砥神社の御朱印、由緒などの紹介。青戸村の鎮守で、江戸時代以前は三社明神と称した。明治になって白髭神社と改称、昭和18年(1943)白山神社を合祀し、青砥神社と改称した。

新宿日枝神社

東京都葛飾区新宿に鎮座する日枝神社(新宿日枝神社)の御朱印、由緒などの紹介。水戸街道の宿場・新宿町の鎮守。かつては今よりやや西に鎮座していたが、享保14年(1729)中川の開削工事のため、現社地に遷座したという。

半田稲荷神社

東京都葛飾区東金町に鎮座する半田稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。江戸時代には家裁を代表する流行神として繁栄した。尾張・紀州の藩士や大奥の女中、江戸の町衆などの信仰を集め、参詣者の絶えることがなかったという。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)