夫婦木神社(大久保)

夫婦木神社

夫婦木神社の社伝によれば、太田道灌によって創建され、江戸時代始めに紀州公の屋敷内に遷されたという。昭和40年(1965)淡路島の伊弉諾神宮より御分霊を勧請した。縁結び・結婚・子宝・安産祈願などの御神徳で信仰を集め、各種メディアにも取り上げられている。

正式名称 夫婦木神社〔めおとぎじんじゃ〕
御祭神 伊邪那岐大神 伊邪那美大神
社格等
鎮座地 東京都新宿区大久保2-27-18 [Mapion|googlemap]
最寄り駅 新大久保(JR)
東新宿(副都心線・都営大江戸線)
大久保(JR)
バス停:大久保二丁目
公式サイト http://meotogi.tokyo/
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




御由緒

社頭掲示によれば、夫婦木神社は江戸築城の際に太田道潅によって祀られ、江戸時代初めに紀州公の屋敷内に遷祀されたという。

昭和40年(1965)淡路島の伊弉諾神宮より御分霊を勧請。同48年(1973)宗教法人の認証を受けた。

結婚ブームの頃は神職200名、巫女200名、伶人50名を各地の結婚式場に派遣していたという。現在は縁結び・結婚・子宝・安産祈願などで信仰を集め、各種メディアにも取り上げられている。

御朱印

  • 夫婦木神社の御朱印

平成24年拝受の御朱印。朱印はどちらも「夫婦木神社」。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 境内社

    境内社

  • 拝殿

    拝殿

メモ

大久保の住宅地にある小さな神社。通りに面して授与所があり、その横に「夫婦木神社」の看板と朱の鳥居がある。奥に進むと階段があり、2階が神殿になっている。狭いスペースに境内社もある。
神社本庁には属さない単立神社である。御由緒はよくわからないが、紀州藩邸に祀られていた祠に、改めて伊弉諾神宮から御祭神を勧請したということであろうか。社号からは、むしろ山梨県の夫婦木神社と関連がありそうな気がするのだが。
参拝時、ちょうど節分祭が始まるところということで、朱印帳を預けて参列させていただいた。アットホームな雰囲気でよいお祭りだった。

夫婦木神社の概要

名称 夫婦木神社
御祭神 伊邪那岐大神〔いざなぎのおおかみ〕
伊邪那美大神〔いざなみのおおかみ〕
鎮座地 東京都新宿区大久保二丁目27番18号
創建年代 室町時代/昭和40年(1965)
社格等 (単立神社)
例祭 5月16日より1週間
神事・行事 1月1日/元旦祭
2月2日/初午祭
6月30日/夏越の大祓
11月23日/新嘗祭
12月31日/年越の大祓

交通アクセス

□新大久保駅(JR山手線)より徒歩7分
□東新宿駅(副都心線)より徒歩7分
□東新宿駅(都営大江戸線)より徒歩9分
□大久保駅(JR総武線)より徒歩9分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする