江戸時代の御朱印一覧

第52番 瀧雲山 太山寺

四国第52番札所・太山寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県松山市太山寺町。本尊:十一面観音、開基:真野長者。豊後国の真野長者が観世音菩薩に救われたお礼に一夜にして御堂を建立したと伝えられる。本堂は国宝、本尊は重要文化財。貴重な江戸・明治の納経も掲載。

第50番 東山 繁多寺

四国第50番札所・繁多寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県松山市畑寺町。本尊:薬師如来、開基:行基菩薩。天平勝宝年間(749~57)孝謙天皇の勅願により行基菩薩が開創したと伝えられる。貴重な江戸時代・明治時代の納経も掲載。

第49番 西林山 浄土寺

四国第49番札所・浄土寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県松山市鷹子町。本尊:釈迦如来、開基:恵明上人。平安時代、市聖と呼ばれた空也上人が滞在し、里人に教えを説いたと伝えられる。木造空也上人像と本堂は国の重要文化財。貴重な江戸・明治の納経も掲載。

第48番 清瀧山 西林寺

四国第48番札所・西林寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県松山市高井町。本尊:十一面観音、開基:行基菩薩。天平13年(741)聖武天皇の勅願により行基菩薩が開創し、大同2年(807)弘法大師が現在地に移したという。貴重な江戸時代・明治時代の納経も掲載。

第47番 熊野山 八坂寺

四国第47番札所・八坂寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県松山市浄瑠璃町。本尊:阿弥陀如来、開基:役行者小角。大宝元年(701)文武天皇の勅願により越智玉興が伽藍を建立したと伝えられ、修験道の道場として繁栄した。貴重な江戸時代・明治時代の納経も掲載。

第45番 海岸山 岩屋寺

四国第45番札所・岩屋寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥。本尊:不動明王、開基:弘法大師。奇岩のそびえる典型的な山岳霊場。弘法大師が当地を巡錫した時、法華仙人という女性行者が一山を献上して創建されたという。江戸・明治の納経も掲載。

第46番 医王山 浄瑠璃寺

四国第46番札所・浄瑠璃寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県松山市浄瑠璃町。本尊:薬師如来、開基:行基菩薩。江戸時代の正徳15年(1715)山火事で全焼するが、地元の庄屋から出家して住職となった堯音が全国を勧進して再建した。珍しい江戸・明治の納経も掲載。

第44番 菅生山 大寶寺

四国第44番札所・大寶寺(大宝寺)の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県上浮穴郡久万高原町菅生。本尊:十一面観世音菩薩、開基:明神右京・隼人。百済の僧が山中に奉安していた観音像を猟師の明神右京・隼人兄弟が見つけて開創された。江戸・明治の納経も掲載。

第43番 源光山 明石寺

四国43番札所・明石寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県西予市宇和町明石。本尊:千手観世音菩薩、開基:円手院正澄。欽明天皇の勅願と伝えられる。源頼朝が池禅尼の菩提を弔うために阿弥陀如来を奉安、山号を源光大和改めた。貴重な江戸・明治の納経も掲載。

第42番 一カ山 佛木寺

四国第42番札所・仏木寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。愛媛県宇和島市三間町則。本尊:大日如来、開基:弘法大師。古くから牛馬の守護仏として信仰を集め、近年はペットの無病息災や供養のために参拝する人も多いという。貴重な江戸・明治の納経も掲載。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)