神明山天祖神社(八景天祖神社)

神明山天祖神社

正式名称 天祖神社〔てんそじんじゃ〕
通称 神明山天祖神社〔しんめいやま てんそじんじゃ〕
八景天祖神社〔はっけい てんそじんじゃ〕
御祭神 天照大御神 豊受大神
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都大田区山王2-8-1 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
創建年代は不詳だが、享保年間(1716~36)地元の人々が伊勢神宮に参詣し、御分霊を受けたことに始まると伝えられる。当時は神明社と称し、別当は円能寺であった。明治の神仏分離で独立し、天祖神社と改称した。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

神明山天祖神社の御朱印

  • 神明山天祖神社の御朱印

平成24年拝受の御朱印。中央の朱印は「神明山天祖神社」、左下は「天祖神社」。

神明山天祖神社について

名称 天祖神社
通称 神明山天祖神社 八景天祖神社
旧称 神明社
御祭神 天照大御神〔あまてらすおおみかみ〕
豊受大神〔とようけのおおかみ〕
鎮座地 東京都大田区山王二丁目8番1号
創建年代 不詳、享保年間(1716~36)?
社格等 旧無格社
例祭 8月第3もしくは第4土・日曜日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
2月3日/節分祭
2月上午の日/初午祭

御由緒

創建年代は不詳だが、由緒書によれば、享保年間(1716~36)地元の人々が伊勢講を組織し、伊勢神宮に参詣して御分霊を受けたことにはじまると伝えられる。当時は神明社と称し、別当は円能寺であった。

『新編武蔵風土記稿』によれば、八景坂の上にあり、昔は当時の社殿より後方にあったという。

明治初年の神仏判然令で円能寺の管理から離れ、天祖神社と改称した。神明山天祖神社あるいは八景天祖神社と通称される。

新編武蔵風土記稿

神明社

八景坂のうへにあり。本社二間に九尺、山上にあり。昔はいまの社の所より背後の方、小祠のあるところにありしと云へり。社前、山の半腹に鳥居をたつ。勧請の年歴を伝へず。村内円能寺持。

写真帖

  • 前景

    前景

  • 参道

    参道

  • 八景碑

    八景碑

  • 稲荷神社

    稲荷神社

  • 庚申塔

    庚申塔

  • 拝殿

    拝殿

メモ

JR大森駅の西口に出ると、八景坂(池上通り)をはさんで神明山天祖神社が鎮座する。御朱印や神社の由緒書は「神明山天祖神社」となっているが、本務社である天祖・諏訪神社のサイトを見ると「八景天祖神社」となっている。八景坂に面していることによる通称であろう。
参道の石段脇には「八景碑」がある。文化13年(1816)名主の大野貫蔵が建てたもので、近江八景に倣った「笠島夜雨、鮫洲晴嵐、大森暮雪、羽田帰帆、六郷夕照、大井落雁、袖浦秋月、池上晩鐘」の大森八景が刻まれている。
平成25年頃から御朱印の対応をしていないようである(※平成28年時点でも御朱印対応はしていないとの情報あり)。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)