大田区の神社一覧

矢口氷川神社

東京都大田区矢口に鎮座する氷川神社(矢口氷川神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。創建年代は旧矢口村の産土神で、大田区内に現存する唯一の氷川神社。御朱印は新田神社でいただくことができる。

東八幡神社

東京都大田区矢口に鎮座する東八幡神社の御朱印、由緒などの紹介。古くは湯坂八幡と呼ばれ、建長2年(1250)の創建と伝えられる。明治44年(1911)村内の西八幡(領家八幡)を合祀し、正式名称を東八幡神社とした。

十寄神社

東京都大田区矢口に鎮座する十寄神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。奸計により矢口渡で非業の死を遂げた新田義興とその従者を祀る。

六所神社(下丸子)

東京都大田区下丸子に鎮座する六所神社の御朱印、由緒などの紹介。荏原郡下丸子村の鎮守。文暦元年(1234)荏原左衛門義宗が六柱の神々を祀ったことに始まると伝えられる。

女塚神社

東京都大田区西蒲田に鎮座する女塚神社の御朱印、由緒などの紹介。古くは八幡社と称していたが、明治21年(1888)現社地に遷座し、女塚神社と改めた。境内に新田義興公の侍女・少将局を祀る女塚がある。

北野神社(蒲田)

東京都大田区南蒲田に鎮座する北野神社の御朱印、由緒などの紹介。矢口村の天神森に祀られていた天神様の御神体が呑川の洪水でたびたび流されてきたため、北蒲田の杉原家邸内の諏訪社の隣にお祀りし、後に合祀して北野神社と称したという。

御園神社

東京都大田区西蒲田に鎮座する御園神社の御朱印、由緒などの紹介。元は石居神社といい、おしゃもじ様と通称された。創建年代は不詳だが、多摩川の洪水で流れ着いた猿田彦命の御神体を祀ったことに始まるという。

大森鷲神社

東京都大田区大森北に鎮座する鷲神社(大森鷲神社)の御朱印、由緒などの紹介。江戸時代中頃から武運・開運・商売繁昌の信仰を集めるという。11月の酉の市は有名で、城南地区でも有数の賑わいを見せる。

鵜ノ木八幡神社

東京都大田区南久が原に鎮座する八幡神社(鵜ノ木八幡神社)の御朱印、由緒などの紹介。延徳元年(1489)鵜ノ木村の名主である天明家の祖・五郎右衛門光虎が下野国佐野から移住してきたとき、一族の守護神として八幡大神を祀ったことに始まる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)