大森鷲神社

大森鷲神社

大森鷲神社は、古くは鷲宮と呼ばれた。創建年代は不詳だが、江戸時代の中頃から広く武運・開運・商売繁昌の信仰を集める。11月に行われる酉の市は有名。多くの参詣者で城南地区随一といわれる賑わいを見せる。
大田区の神社

正式名称 鷲神社〔おおとりじんじゃ〕
通称 大森鷲神社〔おおもり おおとりじんじゃ〕
御祭神 日本武尊
社格等 旧無格社
鎮座地 東京都大田区大森北1-15-12 [Mapion|googlemap]
東都神社御朱印集
東京の神社400社以上の御朱印や由緒などの紹介。珍しい江戸時代から昭和戦前までの御朱印も掲載。

御朱印

  • 大森鷲神社の御朱印

平成19年拝受の御朱印。中央の御朱印は鳳凰のようである。右上の印は「酉之市」、左下は「鷲神社印」。

御由緒

創建年代は不詳。御祭神は日本武尊で、江戸時代の中期から武運・開運・商売繁盛の霊験ありとして広く信仰を集めてきたという。

『新編武蔵風土記稿』には不入斗村の鷲宮とあり、社殿は八尺(約2.4m)四方、勧請の年代は不詳で、そばに松の木が3株あったと記されている。

鈴森八幡宮(磐井神社)と同じく真言宗の八幡山密厳院(大森北3)が別当であった。一説には、かつて密厳院の大門が当社の付近にあり、密厳院の守護神を祀ったのが当社の始まりだともいう。

昭和20年(1945)空襲により社殿が焼失。昭和28年(1953)に細見された。

小さなお社だが、11月に行われる酉の市には多数の参詣者が集まり、城南地区でも随一と言われる賑わいを見せる。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

  • 酉の市

    酉の市

メモ

JR大森駅から大森銀座商店街を抜けたところに鎮座する。御朱印は平成成19年の酉の市にて拝受した。大変な人出で、行列最後尾に並ぶと、鳥居をくぐるまでに20分近くかかった。参道に入ったところにテントがあり、「かっこめ」などを頒布している。その一角で御朱印を受け付けてくれるのだが、氏子の奉仕のようだ。御朱印帳を預け、そのまま行列の流れるままに拝殿へと進んで参拝。その後、御朱印帳を受け取りに行く形であった。

大森鷲神社の概要

名称 鷲神社
通称 大森鷲神社
旧称 鷲宮
御祭神 日本武尊〔やまとたけるのみこと〕
鎮座地 東京都大田区大森北一丁目15番12号
創建年代 不詳
社格等 旧無格社
例祭 11月酉の日(酉の市)
神事・行事 1月1日/正五九祭(元旦祭)
5月5日/正五九祭
9月9日/正五九祭

交通アクセス

□JR東海道本線・京浜東北線「大森駅」より徒歩約5分
□京浜急行線「大森海岸駅」より徒歩約8分

大田区の神社
東京都大田区の神社の御朱印。新田神社・薭田神社・六郷神社・磐井神社・羽田神社・穴守稲荷神社・大森神社・御嶽神社・多摩川浅間神社・貴舩神社(大森)・千束八幡神社・蒲田八幡神社・雪ヶ谷八幡神社・荒藺ヶ崎熊野神社・春日神社(新井宿)・子安八幡神社・東八幡神社・六所神社(下丸子)・大森鷲神社など

コメント

  1. […] ■大森鷲神社 東京都大田区大森北1-15-12 交通アクセス: ・JR京浜東北線「大森駅」より徒歩5分 ・京急本線「大森海岸駅」より徒歩8分 […]

タイトルとURLをコピーしました