日枝神社 日本橋摂社

日枝神社日本橋摂社

正式名称 日枝神社摂社 日枝神社〔ひえじんじゃ〕
通称 摂社日枝神社〔せっしゃ ひえじんじゃ〕
御祭神 大山咋神 国常立神 伊弉冉神 足仲彦神 〈相殿〉浅間大神 菅原大神 稲荷大神
社格等 旧官幣大社日枝神社摂社
鎮座地 東京都中央区日本橋茅場町1-6-16 [Mapion | googlemap]

【由緒概要】
摂社日枝神社は千代田区永田町に鎮座する旧官幣大社・日枝神社の境外摂社。江戸時代には永田馬場山王御旅所などと称された。天正年間(1573~92)日枝神社の祭礼で八丁堀北嶋祓所の御旅所まで神輿が船で渡御したことを起源とする。明治10年(1877)日枝神社と改称して無格社に列するが、大正4年(1945)本社・日枝神社の境外摂社とされた。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

日枝神社日本橋摂社の御朱印

  • 摂社日枝神社の御朱印

    (1)

  • 摂社日枝神社の御朱印

    (2)

(1)平成18年拝受の御朱印、書き置き。朱印は「日枝大社」。右上に「方位除」。

(2)平成28年拝受の御朱印。朱印・揮毫ともに「日枝神社」。右上に「皇城の鎮」。

日枝神社日本橋摂社について

名称 日枝神社摂社 日枝神社
通称 日枝神社日本橋摂社 摂社日枝神社 日本橋日枝神社 日本橋御旅所
旧称 山王御旅所
御祭神 大山咋神〔おおやまくいのかみ〕
国常立神〔くにとこたちのかみ〕
伊弉冉神〔いざなみのかみ〕
足仲彦神〔たらしなかつひこのかみ〕
〈相殿〉
浅間大神〔あさまのおおかみ〕
菅原大神〔すがわらのおおかみ〕
稲荷大神〔いなりのおおかみ〕
鎮座地 東京都中央区日本橋茅場町一丁目6番16号
創建年代 天正18年(1590)
社格等 旧官幣大社日枝神社摂社
例祭 6月16日

御由緒

摂社日枝神社は千代田区永田町の旧官幣大社・日枝神社の境外摂社・御旅所である。天正年間(1573~92)より、日枝神社の祭礼に八丁堀北嶋祓所の御旅所まで神輿が船で神幸したことを起源とする。寛永年間、現社地が御旅所に定められた。

明治10年(1877)、日枝神社と改称して無格社となった。大正4年(1945)、本社の日枝神社が官幣大社に昇格したのに伴い、本社の境外摂社とされた。

関東大震災の後、昭和3年(1928)に社殿が造営された際、境内末社の北野神社・稲荷神社・浅間神社の祭神を本殿に合祀した。

同じ境内にある明徳稲荷神社は、日枝神社の兼務社ではあるが独立した神社である。創建年代は不詳で、元禄年間(1688~1704)から茅場町交差点角のところに祀られていた。関東大震災後の区画整理により現社地に遷座したという。

江戸名所図会

永田馬場山王御旅所
茅場町にあり。遙拝の社二宇並び建り。寛永年間、此の地を山王の御旅所に定めらるゝといへり。一宇は神主樹下氏持也。一宇は別当観理院持也。隔年六月十五日御祭礼にて永田馬場の御本社より神輿[しんよ]三基此所に神幸あり。仮に神殿を設け、供御を献備し、別当は法楽を捧げ、神主は奉幣の式を行ひ、夜に入りて帰輿[きよ]なり。其行装、榊、大幣[おおぬさ]、菅蓋[すげがさ]、錦蓋[にしきのかさ]、雲の如く、社司・社僧は騎馬に跨がり、或は輿に乗じ、前後に扈従[こじゅう]す。諸侯より神馬、長柄鎗[ながえのやり]等を出されて途中の供奉厳重なり。又氏子の町々よりは思ひ思ひに練物あるひは花屋台・車楽[だんじり]等に錦襴純子[きんらんどんす][など]のまん幕を打はへ、各[おのおの]其出立[いでたち]花やかに、羅綾[らりょう]の袂、錦繍[きんしゅう]の裔[すそ]をひるがへし、粧ひ巍々堂々として善美を尽せり。此日、官府の御沙汰として、神輿通行の御道筋は、横の小路々々は矢来を結はしめて、往来を禁ぜらる。実[まこと]に大江戸第一の大祀にして一時の壮観たり。

日本橋区史

官幣大社日枝神社末社
南茅場町三十三番地にあり。薬師堂と相隣す。旧時は永田馬場山王御旅所と称し、隔年六月十五日、所謂天下祭の際に、本社より神輿の臨御ありて実に一時の壮観たりき。而して旧時薬師堂境内に遙拝の社二宇あり。寛永中御旅所となるといふ。明治二年神仏混淆分離の令によりて、山王権現の日枝神社となるに及び、其の末社となる。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 明徳稲荷神社

    明徳稲荷神社

  • 拝殿

    拝殿

メモ

東京メトロ茅場町駅のほど近く、文字通りビルの谷間に鎮座している。神職常駐ではないようだが、社務所に申し出ると、半紙に墨書押印した御朱印をいただける(※平成17年時点)。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする