中央区の神社一覧

福徳神社

東京都中央区日本橋室町に鎮座する福徳神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。平安時代に遡る歴史を持つという。平成26年(2014)日本町室町の再開発により、地域コミュニティの中核として復興、新しい社殿が落成した。

茶ノ木神社

東京都中央区日本橋人形町に鎮座する茶ノ木神社の御朱印。日本橋七福神の布袋尊。佐倉藩主・堀田家の邸内社を起源とする。御朱印は日本橋七福神詣での期間中に拝受できる。期間外も布袋尊の御朱印は水天宮でいただける。

三光稲荷神社

東京都中央区日本橋堀留町に鎮座する三光稲荷神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。江戸時代の歌舞伎役者・二代目関三十郎が祀っていたと伝えられる。猫族の守護神、失せ猫祈願の神社としても知られる。

住吉神社末社 龍神社

東京都中央区佃の住吉神社境内に鎮座する龍神社の御朱印。文政5年(1822)に龍姫大神を祀り、天保10年(1839)白木屋に祀られていた大弁財天を合祀、龍王弁財天と称した。

寶田恵比寿神社

東京都中央区日本橋本町に鎮座する宝田神社(寶田恵比寿神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。10月のべったら市で知られる。恵比寿神像は大伝馬町の名主・馬込勘解由が徳川家康から拝領したものと伝えられる。

初音森神社

東京都墨田区千歳に鎮座する初音森神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。中央区東日本橋の儀式殿にて拝受。もともと当地に鎮座していたが、明暦の大火の後、本所の現社地に遷座した。

椙森神社

東京都中央区に鎮座する椙森神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。創建は1千年以上前とされ、藤原秀郷や太田道灌が祈願したと伝えられる。江戸時代は江戸三森の一社として信仰を集めた。

末廣神社

東京都中央区日本橋人形町に鎮座する末廣神社の御朱印、由緒、アクセスの紹介。元葭原の総鎮守。日本橋七福神の毘沙門天。社殿修復の際、本殿から中啓(末広扇)がことから末廣神社と称するようになったという。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)