初音森神社

初音森神社

初音森神社は元弘年間(1331~34)に創建され、文明年間(1469~86)太田道灌によって社殿が建立されたと伝えられる。当時は初音の里(現在の儀式殿のあたり)に鎮座していたが、明暦の大火の後、本所の現社地(墨田区千歳)に遷座した。昭和23年(1948)初音の里の旧地に飛地境内社を建立し、さらに同48年(1973)神殿・儀式殿を備えたビルとなった。

正式名称 初音森神社〔はつねもりじんじゃ〕
御祭神 宇迦之御魂神
社格等 旧無格社
鎮座地 本社/東京都墨田区千歳2-4-8 [Mapion | googlemap]
儀式殿/東京都中央区東日本橋2-27-9 [Mapion | googlemap]
最寄り駅 馬喰町(JR)
浅草橋(JR・都営浅草線)
東日本橋(都営浅草線)
馬喰横山(都営新宿線)
公式サイト http://hatsunemori.shin-to.com/
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

御由緒

初音森神社の創建は元弘年間(1331~34)で、文明年間(1469~86)太田道灌により社殿が造営される。当時の鎮座地は、初音の里と呼ばれていた現在の儀式殿のあたりで、初音稲荷と称していた。また、この地にあった森は初音の森と呼ばれた。

天文20年(1551)社前に馬場ができた。初音稲荷に因んで初音の馬場と呼ばれ、初午祭などには馬追などが行われたという。ここで馬を商うために博労たちが集まったのが馬喰町である。また慶長5年(1600)関ヶ原の合戦へと出陣する徳川家康は、この馬場で馬揃えをしたという。

しかし、浅草見附門の建設のために社地の半分を削られ、さらに明暦の大火の後、郡代屋敷建設のため、現在本社がある墨田区千歳へと遷座した(昭和8年の本所区千歳二丁目の『町会要覧』には、旧社地が伝馬町の牢から千住小塚原に死刑囚を送る道筋となり、神前を汚すことを畏れたためとある。そういう伝承があったものか)。氏子は元の土地に残ったため、神社と氏子が離れる結果となった。祭礼の時など、わざわざ隅田川を渡って神輿を運び、氏子地域を巡ったという。

このような不便を解消すべく、昭和23年(1948)かつての初音の里に飛地境内社を建立。さらに同48年(1973)神殿・儀式殿を備えたビルとした。

御朱印

  • 初音森神社の御朱印

    (1)

  • 初音森神社の御朱印

    (2)

(1)平成19年に拝受した御朱印。朱印・墨書ともに「初音森神社」。

(2)平成24年にいただいた御朱印。上の朱印は抱き稲の神紋、下は平成19年のものと同じ「初音森神社」。

写真帖

墨田区千歳の本社

  • 鳥居

    鳥居

  • 社殿

    社殿

中央区東日本橋の儀式殿

  • 儀式殿

    儀式殿

  • 名馬三日月の像

    名馬三日月の像

  • 浅草御門の門柱

    浅草御門の門柱

  • 外宮

    外宮

  • 内部

    内部

メモ

浅草橋のほど近くにある初音森ビルの2階に初音森神社の神殿・儀式殿がある。御朱印はそちらでいただいた(ので、墨田区ではなく中央区にした)。
墨田区千歳にある本社は寂れた祠という感じ。本社の再建まで手が回らないとのことだが、もともと神社にとっても氏子にとっても、本社の位置は不便極まりないものなので、敢えて無理に立派な社殿を構えようということにはならないのであろう。よほど経済的に余裕があるのなら別だろうが。(※平成19年)
宮司さんは墨田区千歳の江島杉山神社を兼務されている。両社を行き来しているが、初音森神社の儀式殿にいることが多いとのこと。(※平成25年時点での情報)

初音森神社の概要

名称 初音森神社
旧称 稲荷神社 初音稲荷
御祭神 宇迦之御魂神〔うかのみたまのかみ〕
鎮座地 本社/東京都墨田区千歳二丁目4番8号
儀式殿/東京都中央区東日本橋二丁目27番9号
創建年代 元弘年間(1331~34)
社格等 旧無格社
例祭 4月12日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
2月初午/初午祭
11月23日/新穀感謝祭
12月31日/大祓式

交通アクセス

□馬喰町駅(JR)より徒歩1分
□浅草橋駅(JR・都営浅草線)より徒歩3分
□東日本橋駅(都営浅草線)より徒歩4分
□馬喰横山駅(都営新宿線)より徒歩6分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)