江戸時代の御朱印一覧

第5番 無尽山 地蔵寺

四国第5番札所・地蔵寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。徳島県板野郡板野町羅漢。本尊:延命地蔵菩薩、胎内に弘法大師御作の勝軍地蔵菩薩を納める。弘仁12年(821)嵯峨天皇の勅願により弘法大師が開創。貴重な明治・江戸時代の納経も掲載。

第4番 黒巌山 大日寺

四国第4番札所大日寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。徳島県板野郡板野町黒谷。本尊:釈迦如来、開基:弘法大師。弘仁6年(815)弘法大師が大日如来を感得し、自らその姿を刻んで祀ったのが始まりと伝えられる。貴重な明治・江戸時代の納経や平成元年の版木押しの納経も掲載。

第3番 亀光山 金泉寺

四国第3番札所金泉寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。徳島県板野郡板野町大寺。本尊:釈迦如来、開基:行基菩薩。元は金光明寺と称したが、弘法大師が水不足に悩む里人のために掘った黄金の井戸に因み、金泉寺と改められた。貴重な明治・江戸時代の納経も掲載。

第2番 日照山 極楽寺

四国第2番札所極楽寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。徳島県鳴門市大麻町桧。本尊:阿弥陀如来、開基:行基菩薩。御本尊の発する光が鳴門の沖にまで達し、困った漁師たちが本堂前に小山を築いたことから日照山極楽寺と号する。貴重な明治・江戸時代の納経も掲載。

第1番 竺和山 霊山寺

四国第1番札所霊山寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。徳島県鳴門市大麻町板東。本尊:釈迦如来。開基:行基菩薩。天竺の霊山を和国に移すという意味から竺和山霊山寺と号する。現代(平成元年・18年)の納経のほか、貴重な明治・江戸時代の納経も掲載。

丹生都比賣神社

和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野に鎮座する丹生都比売神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。紀伊国一宮、旧官幣大社、世界遺産。高野山一山の地主神として崇敬された。昔の御朱印も掲載。

賀茂別雷神社(上賀茂神社)

京都市北区賀茂本山に鎮座する賀茂別雷神社(上賀茂神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。勅祭社・二十二社・山城国一宮・旧官幣大社・世界遺産。大正・昭和戦前の御朱印も掲載。

皇大神宮別宮 伊雑宮

三重県志摩市磯部町上之郷に鎮座する伊雑宮の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。伊勢神宮内宮(皇大神宮)の別宮、志摩国一宮。あわせて伊雑宮所管社・佐美長神社も紹介。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)