江戸時代の御朱印一覧

王子神社(王子権現)

東京都北区王子本町に鎮座する王子神社の御朱印、由緒などの紹介。戦前の御朱印も掲載。古くから熊野権現を祀り、元亨2年(1322)豊嶋氏が改めて紀州熊野三山より王子大神を勧請した。歴代徳川将軍の崇敬が篤く、明治初年には准勅祭社に列する。

王子稲荷神社

東京都北区岸町に鎮座する王子稲荷神社の御朱印、由緒などの紹介。関東稲荷惣司として徳川将軍家から庶民に至るまで広く信仰を集めた。落語『王子の狐』や大晦日に関八州の狐が参殿するという王子稲荷の狐火の舞台でもある。

大國魂神社

東京都府中市宮町に鎮座する大國魂神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。武蔵国の総社。珍しい江戸・明治・昭和戦前の御朱印(納経)も掲載。所管社・武蔵国府八幡宮も合わせて紹介。

日枝神社(赤坂)

東京都千代田区永田町に鎮座する日枝神社(山王日枝神社・赤坂日枝神社)の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。徳川将軍家の産土神。江戸城守護・皇城鎮護の旧官幣大社。東京十社。大正~昭和戦前の御朱印も掲載。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)