世田谷区の神社

世田谷区の神社

冨士山太祠(扶桑教太祠)

教派神道十三派の一で、富士講の流れを汲む扶桑教の本祠。明治9年(1876)芝区芝神明町(港区浜松町)に設立された。明治32年(1899)渋谷へ、さらに大正7年(1918)荏原郡松沢村(世田谷区松原)の現在地に移転した。 世田谷区の神社 正式...
世田谷区の神社

用賀神社

明治41年(1908)天祖神社に村社・宇佐神社及び稲荷神社・厳島神社・山際神社・北野神社を合祀、地名に因んで用賀神社と改称した。天祖神社は元は神明社と称し、創建年代は不詳。宇佐神社は天正年間(1573~92)鶴岡八幡宮から勧請したと伝えられ...
世田谷区の神社

野毛六所神社

野毛六所神社は上野毛・下野毛両村の鎮守。その昔、多摩川の洪水で府中のほうから祠が流れ着き、榎の枝に引っかかった。村人たちはこれを六所明神(大国魂神社)と崇め、鎮守として祀った。明治31年(1898)村内の天祖神社・山際神社・日枝神社・八幡神...
世田谷区の神社

代田八幡神社

代田八幡神社は代田村の鎮守である。天正18年(1590)世田谷城主・吉良氏が没落した後、その家臣7家は代田村に土着、帰農した。翌19年(1591)世田谷八幡宮より御分霊を勧請し、鎮守としたのが始まりと伝えられる。 世田谷区の神社 正式名称 ...
世田谷区の神社

瀬田玉川神社

瀬田玉川神社は、古くは御嶽神社と称した。社伝によれば永禄年間(1558~70)の勧請で、寛永3年(1626)別当・慈眼寺境内の現在地に遷座した。明治41年(1908)村内の小社を合祀し、地名に因んで玉川神社と改称した。 世田谷区の神社 正式...
世田谷区の神社

喜多見氷川神社

喜多見氷川神社は、天平12年(740)の創建と伝えられる。江戸氏の後裔・喜多見氏ゆかりの神社で、永禄13年(1570)江戸頼忠が社殿を再興した。その子・喜多見勝忠は神領5石余りを寄進した。参道の二の鳥居は承応3年(1654)喜多見重恒・重勝...
世田谷区の神社

桜神宮(神習教本祠)

桜神宮は、教派神道十三派の一・神習教の本祠。明治16年(1883)初代管長・芳村正秉が神田区今川小路(現在の千代田区神保町)に創建した。大正4年(1915)正秉は帰幽に際し、神託を受けて西に移るよう命じた。大正8年(1919)より現在地への...
世田谷区の神社

久富稲荷神社

久富稲荷神社は、世田谷村の枝郷・新町村の鎮守。創建年代は不詳だが、400年以上の歴史があるだろうと考えられている。現在の社殿は昭和6年(1931)の建築である。 世田谷区の神社 正式名称 稲荷神社〔いなりじんじゃ〕 通称 久富稲荷神社〔ひさ...
世田谷区の神社

深澤神社

深沢神社は、元は三島神社と称した。永禄7年(1564)南条重長の父・重頼が伊豆の三嶋大社から御分霊を勧請したことに始まる。明治42年(1909)深沢村内各所に祀られていた天祖神社・伊勢神社・御嶽神社・八幡神社・山際神社・稲荷神社など7社を合...
世田谷区の神社

玉川神社(等々力)

玉川神社は等々力村の鎮守で、元は熊野社と称した。文亀年間(1501~04)世田谷城主・吉良頼康が紀州熊野より勧請したと伝えられる。明治41年(1908)村内の天祖神社・御嶽神社・諏訪神社を合祀し、玉川神社と改称した。 世田谷区の神社 正式名...