菅原神社(松原)

菅原神社

正式名称 菅原神社〔すがわらじんじゃ〕
御祭神 菅原道真
社格等 旧村社
鎮座地 東京都世田谷区松原3-20-16 [Mapion|googlemap]

【由緒概要】
菅原神社は、寛文5年(1665)寺子屋を開いていた石井兵助直慶が菅原道真を勧請したという。江戸時代には菅原社、天満宮、天神社などと呼ばれていた。明治7年(1874)菅原神社と改称し、村社に列格した。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

菅原神社の御朱印

  • 菅原神社の御朱印

(1)平成17年拝受の御朱印。中央の朱印は「菅原神社」。右上は梅に「奉拝」「せたがや」、左上は「天神さま」。

菅原神社について

名称 菅原神社
通称 せたがやの菅原天神
旧称 天神社 天満宮
御祭神 菅原道真〔すがわらのみちざね〕
鎮座地 東京都世田谷区松原三丁目20番16号
創建年代 寛文5年(1665)
社格等 旧村社
例祭 9月第4日曜日
神事・行事 1月1日/歳旦祭
2月20日/祈年祭・稲荷社例祭
5月第2日曜日/厳島神社例祭・御嶽社例祭
6月25日/菅公生誕祭・大祓式
8月15日/風祈祭
10月第4日曜日/戦没者慰霊祭
11月23日/新嘗祭
12月30日/大祓式
※『平成「祭」データ』による

御由緒

菅原神社は、荏原郡松原村の鎮守。社伝によれば、寛文5年(1665)2月吉日、寺子屋を開いて読み書きを教えていた江戸の石井兵助直慶が、学問の神である菅原道真を勧請したことに始まるという。

社号については、元禄15年(1702)頃には菅原社、文政2年(1819)頃には天満宮と称しており、文政13年(1830)に完成した『新編武蔵風土記稿』には天神社と記されている。明治になって北野神社となり、さらに明治7年(1874)菅原神社と改称、村社に列格した。

昭和39年(1664)飛地境内社の厳島神社を境内に遷し、元の境内地と弁天池を世田谷区に提供、現在は弁天児童公園となっている。

昭和41年(1966)現在の社殿が造営された。

写真帖

  • 鳥居

    鳥居

  • 絵馬殿

    絵馬殿

  • 手水舎

    手水舎

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 境内社

    御嶽神社・稲荷神社

  • 厳島神社

    厳島神社

  • 拝殿

    拝殿

  • 社号額

    社号額

  • 本殿

    本殿

メモ

京王線の明大前駅と下高井戸駅のほぼ中間の住宅街に鎮座する。境内を入ってすぐ左側に絵馬殿がある。絵馬殿は鉄骨造りの新しいものだが、内部には古い絵馬が掲げられている。都内で絵馬殿のある神社は珍しく、一見の価値があろう。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)