第39番 赤亀山 延光寺

39番延光寺

名称 赤亀山 寺山院 延光寺
御本尊 薬師如来
所在地 高知県宿毛市平田町中山390 [Mapion|googlemap]

【本尊真言】
おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

【御詠歌】
南無薬師諸病悉除の願こめて 詣る我が身を助けましませ

【略縁起】
古い資料や納経帳では「寺山〔じさん〕」の通称を使うことが多い。寺伝によれば、神亀元年(724)聖武天皇の勅願により行基菩薩が開創し、亀鶴山施薬院宝光寺と号した。延暦年間(782~805)弘法大師が桓武天皇の勅願所として再興した。寺宝の梵鐘は、龍宮の赤亀が背負ってきたものと伝えられ、これに因んで赤亀山延光寺と改めたという。

延光寺の納経(御朱印)

  • 延光寺の納経

    (1)

  • 39番延光寺の納経

    (2)

(1)平成元年拝受の納経。揮毫は薬師如来の種字「バイ」に「薬師如来」。中央の宝印は亀。右上の印は梵鐘に「三十九番」、左下は「土佐寺山」。

(2)平成19年拝受の納経。揮毫・朱印ともに平成元年のものと同じ。

江戸時代の納経

  • 天保11年の納経

    (1)

  • 天保12年の納経

    (2)

(1)天保11年(1840)の納経。揮毫は「奉納」「本尊薬師如来」「土州寺山」。中央の宝印は蓮台上の火炎宝珠に薬師如来の種字「バイ」。右上は「四国三拾九番」、左下は白抜きで「院□寺山」(2文字目は判読できず)。

(2)天保12年(1841)の納経。揮毫は「奉納」「薬師如来」「土州寺山」。朱印は天保11年のものと同じ。

明治時代の納経

  • 明治38年の納経

    (1)

(1)明治38年(1905)の納経。揮毫は「奉納」「本尊薬師如来」「トサ(土佐)延光寺」。中央の宝印は蓮台上の火炎宝珠に薬師如来の種字「バイ」。右上の印は「四国第三十九番」、左下は「延光寺印」。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)

延光寺について

山号 赤亀山(しゃっきざん)
寺号 延光寺(えんこうじ)
院号 寺山院(じさんいん)
通称 寺山
旧称 亀鶴山 施薬院 宝光寺
御本尊 薬師如来
所在地 高知県宿毛市平田町中山390番地
創建年代 神亀元年(724)
開山 行基菩薩
宗派等 真言宗智山派
文化財 〈重文〉銅鐘

覚え書き

江戸時代の資料や納経帳では「寺山〔じさん〕」の通称を使うことが多い。澄禅の『四国辺路日記』では「寺山」、真念の『四国辺路道指南』では「寺山院」となっている。
寺伝によれば、元は亀鶴山施薬院宝光寺と号し、神亀元年(724)聖武天皇の勅願により、行基菩薩が建立したという。本尊の薬師如来も行基菩薩の作と伝えられる。
延暦14年(795)弘法大師が桓武天皇の勅願所として再興、日光・月光の両菩薩を刻んで本尊の脇侍とした。また、飲み水が乏しいこの地の里人のため、錫杖で地面を突くと清水が湧きだした。これが「眼洗いの井戸」で、昔から眼病の治癒に霊験があるという。
寺宝の梵鐘は延喜11年(911)の銘があり、龍宮から赤亀が背負ってきたものと伝えられる。これに因んで赤亀山延光寺と改めたという。高知県最古の梵鐘であり、制作年がわかっているものとしては全国でも7番目に古いものとのこと。
奥の院は、かつて寺山延光寺十二坊の坊頭であった南光院だが、現在は納経をしていないようである。

写真帖

  • 赤亀の石像

    鐘を背負った赤亀の石像

  • 目洗いの井戸

    目洗いの井戸

  • 本堂

    本堂


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)
サイト内検索
広告レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする