品川区の神社一覧

大井蔵王権現神社

東京都品川区大井に鎮座する大井蔵王権現神社の御朱印、由緒などの紹介。荏原七福神の福禄寿。親鸞聖人の高弟・了海上人の誕生にまつわる伝承がある。4月には当社の天狗伝承に基づく天狗祭りが行われている。

三谷八幡神社

東京都品川区小山に鎮座する八幡神社(三谷八幡神社)の御朱印、由緒などの紹介。元禄の頃、石井助太夫という人が妙見八幡社(小山八幡神社)より分祀し、小山村字三谷の鎮守にしたと伝えられる。

鹿嶋神社(大井)

東京都品川区大井に鎮座する鹿島神社(大井鹿嶋神社)の御朱印、由緒などの紹介。大井の総鎮守。安和2年(969)鹿島神宮から御分霊を勧請したことに始まる。かつては例大祭の奉納相撲が盛んで、江戸郊外の三大相撲に数えられたという。

小山八幡神社

東京都品川区荏原に鎮座する八幡神社(小山八幡神社)の御朱印、由緒などの紹介。荏原七福神の大国天。長元3年(1030)源頼信が勧請したと伝えられる。境内はしながわ百景に選ばれている。区内一の高台にあり眺望がすばらしい。

天祖・諏訪神社

東京都品川区南大井に鎮座する天祖・諏訪神社の御朱印、由緒などの紹介。昭和40年(1965)浜川町・元芝鎮守の天祖神社と諏訪神社を合祀した。その際、浜川神社から東海七福神の福禄寿も遷した。参考として戦前の浜川神社・福禄寿の御朱印も掲載。

桐ヶ谷氷川神社

東京都品川区西五反田に鎮座する氷川神社(桐ヶ谷氷川神社)の御朱印、由緒などの紹介。桐ヶ谷村の鎮守。創建年代は不詳だが、元禄年間(1688~1704)以前と考えられている。緑の多い境内に先の大戦の戦火を免れた昭和13年(1938)建造の木造社殿が建つ。

鮫洲八幡神社

東京都品川区東大井に鎮座する八幡神社(鮫洲八幡神社)の御朱印、由緒などの紹介。大井御林町(大井鮫洲町)の鎮守で、御林町開創の頃より奉斎されているという。

居木神社

東京都品川区大崎に鎮座する居木神社の御朱印、由緒などの紹介。旧居木橋村の鎮守。創建年代は不詳、江戸時代の初め、目黒川の氾濫を避けて現社地に遷座したという。現在の社殿は昭和53年(1943)の再建。

上神明天祖神社

東京都品川区二葉に鎮座する天祖神社(上神明天祖神社)の御朱印、由緒などの紹介。旧上蛇窪村の鎮守。荏原七福神の弁財天。元亨2年(1322)厳正寺の法密上人が雨乞いの断食祈祷を行い、大雨が降って旱魃の被害を免れたため、その神恩に感謝して勧請されたという。

品川神社

東京都品川区北品川に鎮座する品川神社の御朱印、由緒などの紹介。東京十社(元准勅祭社)、東海七福神(大黒天)。北品川宿の鎮守。源頼朝が安房国洲崎大明神より天比理乃咩命を勧請したことに始まる。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)