六郷神社

六郷神社

正式名称 六郷神社〔ろくごうじんじゃ〕
御祭神 誉陀和気命
社格等 旧郷社 式内論社
鎮座地 東京都大田区東六郷3-10-18 [Mapion|googlemap]
公式サイト http://www.rokugo.or.jp/

【由緒概要】
六郷地域の総鎮守として崇敬される。社伝によれば、奥州に下向する源頼義・義家親子が当地の大杉に白旗を立てて石清水八幡宮に戦勝を祈願し、凱旋後、その御分霊を奉斎したことに始まるとされる。源頼朝もその吉例にならって戦勝を祈願、奉斎として梶原景時に社殿を造営させたという。式内社・薭田神社に比定する説もある。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




六郷神社の御朱印

  • 六郷神社の御朱印

    (1)

  • 六郷神社の御朱印

    (2)

(1)平成18年拝受の御朱印。中央の朱印は「六郷神社」。右上の印は「?」、左下は「八幡宮」。

(2)平成28年拝受の御朱印。中央の朱印は平成18年のものと同じ「六郷神社」。右上の印は「延命長寿」、左下は「八幡宮」。

六郷神社について

名称 六郷神社
旧称 八幡社
御祭神 誉陀和気命〔ほんだわけのみこと〕
鎮座地 東京都大田区東六郷三丁目10番18号
創建年代 天喜5年(1057)
社格等 旧郷社 式内社(論社)
延喜式 武蔵国荏原郡 薭田神社
例祭 6月3日
※土曜日/獅子舞奉納・神獅子巡行・六郷囃子奉納
※日曜日/御神幸祭
神事・行事 1月1日/歳旦祭
1月7日/流鏑馬祭
2月3日/節分祭
2月18日/祈年祭
6月30日/大祓
9月22日/天祖神社・氷川神社祭
11月3日/崇敬者大祭
11月24日/新嘗祭
12月30日/大祓

御由緒

六郷地域の総鎮守。旧別当は真言宗の御幡山宝珠院(仲六郷4)。『新編武蔵風土記稿』によれば八幡塚・高畑・古川・町屋・道塚・雑色等6ヶ村の鎮守で、これら6ヶ村はもともと六郷村という一つの村だったという。

口碑によれば、本来の御祭神は応神天皇・神功皇后・比売大神の三座であった。しかし、一座は神輿が上総国に流されてしまい、一座は荒神でしばしば祟りを起こしたため埋めてしまったという。

社伝によれば、奥州に向かう源頼義・義家親子がこの地の大杉に源氏の白旗を掲げて石清水八幡宮に武運長久を祈った。凱旋後、石清水八幡宮の分霊を勧請したという。この杉は「白旗の杉」と呼ばれ、御神木とされていたが、惜しくも大正11年(1922)に枯死した。その根株は今も境内で大切に保存されている。

また、建久2年(1191)源頼朝が鶴岡八幡を勧請し、梶原景時に命じて社殿を造営したことを創祀とするともいう(神社の由緒書きによれば、源頼朝は素川の吉例に倣い、文治5年(1189)奥州征討に際して、白旗を立てて戦勝を祈願し、奉賽として梶原景時に社殿を造営させたとする)。社宝の雌獅子頭と境内の浄水石は頼朝が、神門前の神橋は景時が寄進したものと伝えられる。

天正19年(1591)徳川家康は朱印領18石を寄進。慶長5年(1600)六郷大橋の竣工を祈って願文を奉り、完成後の渡り初め式は当社の神輿をもってした。この由緒をもって当社では巴紋とともに葵紋を用いるという。

明治5年(1872)郷社に列格、同9年(1876)現社号に改める。

当社を延喜式神名帳所載の荏原郡・薭田神社に比定する説もあるが、現在の由緒では延喜式成立より後の天喜5年(1057)の創建としており、式内社であるとは主張していないようだ。

写真帖

  • 鳥居と神門

    鳥居と神門

  • 神橋(伝・梶原景時寄進)

    神橋(伝・梶原景時寄進)

  • 白旗の杉(根株)

    白旗の杉(根株)

  • 境内社

    境内社

  • 貞享2年(1685)の狛犬

    貞享2年(1685)の狛犬

  • 手水石(伝・源頼朝寄進)

    手水石(伝・源頼朝寄進)

  • 神楽殿

    神楽殿

  • 拝殿

    拝殿

  • 本殿

    本殿

メモ

手入れの行き届いた広く風格のある境内。行くまで知らなかったのだが、拝殿前左右の紅梅白梅をはじめ、梅の花が見事で、写真を撮るにはちょうどよい時期であった。


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする