江戸時代の御朱印一覧

石清水八幡神社(玉川)

愛媛県今治市玉川町八幡に鎮座する石清水八幡神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。貞観元年(859)の創建、永承年間(1046~53)源頼義が山城国石清水八幡宮に倣って社殿を建立した。旧四国57番札所。

大麻比古神社

徳島県鳴門市大麻町板東に鎮座する大麻比古神社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。阿波国一宮。神武天皇の御代、阿波を開拓した天富命が太祖・天太玉命を祀ったことに始まる。江戸・明治・昭和の御朱印も掲載。

松尾大社

京都府西京区嵐山宮町に鎮座する松尾大社の御朱印、由緒、アクセスなどの紹介。全国の松尾神社の総本社で、洛西の総氏神、醸造の祖神、酒の神として信仰を集める。戦前や江戸時代の御朱印も掲載。

番外 眺海山 洲崎寺

四国番外札所・眺海山洲崎寺の納経(御朱印)、縁起・沿革、アクセスなどの紹介。四国遍路の父と呼ばれる真念法師の墓所がある。香川県高松市牟礼町牟礼。源平合戦ゆかりの寺としても名高い。

第88番 医王山 大窪寺

四国第88番札所・大窪寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。香川県さぬき市多和兼割。本尊:薬師如来、開基:行基菩薩。四国八十八ヶ所の結願所。弘法大師が等身大の薬師如来像を刻んで安置し、三国伝来の錫杖を納めたと伝えられる。貴重な江戸・明治の納経も掲載。

第86番 補陀洛山 志度寺

四国第86番札所・志度寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。香川県さぬき市志度。本尊:十一面観世音菩薩、開基:凡薗子尼。推古天皇33年(625)の創建と伝えられる。藤原不比等と海女の悲話に基づく謡曲「海士」の舞台として知られる。貴重な江戸・明治の納経も境内。

第85番 五剣山 八栗寺

四国第85番札所・八栗寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。香川県高松市牟礼町牟礼。本尊:聖観世音菩薩、開基:弘法大師。天長6年(829)弘法大師が求聞持法を納めた時、五柄の剣が降り、金剛蔵王権現が託宣を下したことから五剣山と名付けたとされる。江戸・明治の納経も掲載。

第84番 南面山 屋島寺

四国第84番札所・屋島寺の納経(御朱印)、縁起などの紹介。香川県高松市屋島東町。本尊:十一面千手観世音菩薩、開基:鑑真和上。日本に着いた鑑真和上が平城京に向かう途次、屋島に山頂から立ち上る瑞光を見て創建したと伝えられる。江戸・明治の納経も掲載。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)