八坂神社末社 又旅社(御供社)

又旅社(御供社)

又旅社(御供社)は八坂神社の御旅所で、四条京極の御旅所に対して「又旅所」、三基の神輿を迎えて神饌を御供えすることから「御供社」と呼ばれる。かつて、この地は祇園御霊会が行われた神泉苑の南の端だった。7月24日の奉饌祭で社前に立てられる「オハケ」は、神泉苑のほとりの祭場であった時代の名残であろうという。

正式名称 八坂神社境外末社
又旅社〔またたびしゃ〕
異称 御供社〔ごくうしゃ〕
御祭神 素戔嗚尊 櫛稲田姫命 八柱御子神
社格等 旧官幣大社八坂神社末社
鎮座地 京都市中京区御供町289 [Mapion|googlemap]
最寄り駅 二条城前(地下鉄東西線)
大宮(阪急京都線)
バス停:堀川三条
公式サイト http://www.yasaka-jinja.or.jp/about/matatabi.html
スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




御由緒

又旅社(御供社)は八坂神社の御旅所で、四条京極の御旅所に対して「又旅所」と呼ばれる。

当社の鎮座する三条大宮は「列見の辻」と呼ばれる。古来、祇園社の三期の神輿のうち、少将井(櫛稲田姫命)神輿は都の北を、大政所(素戔嗚尊)神輿と八王子(八柱御子神)神輿は都の南を巡り、この地で合流した。

現在でもその伝統に則り、祇園祭の還幸祭(7月24日、かつては6月14日)に三基の神輿を迎え、神饌を御供えする。御供社・御供町の名はこれに由来するという。

貞観11年(869)平安京に疫病が流行したため、神泉苑に66本の矛を立て、祇園社(八坂神社)の神輿を迎えて祇園御霊会が行われた。往古、この地は神泉苑の南の端であった。

現在でも、八坂神社の神輿は神泉苑で神仏それぞれの拝礼を受けた後、当社に安置して奉饌祭を執り行うが、その際、社前に「オハケ」が立てられる。これは水辺を表す芝生に三本の御幣を立てたもので、もともと神泉苑のほとりの祭場であった名残であろうという。

明治6年(1873)村社に列格、同39年(1906)村社を廃して八坂神社の境外末社とされる。

御朱印

御供社の御朱印

(1)

(1)平成21年拝受の御朱印。朱印は「八坂神社御供社」。

※御朱印は八坂神社にて授与。

写真帖

  • 三条会商店街

    三条会商店街

  • 鳥居

    鳥居

  • 社殿

    社殿

メモ

三条通商店街に面して大きな朱の鳥居が建ち、その奥に御供社の小さな社がある。御朱印は八坂神社の授与所でいただける。
八坂神社で御朱印をいただいた後、自転車で四条御旅所を経て御供社へと向かったのだが、下調べが不十分だったため、なかなか見つからず、御池通に出て神泉苑の看板が見えたため、そちらに先に参拝した。その後、ようやく見つけたのだが、その時は単に神泉苑と近いんだなあと思っただけだった。
後日、調べているうちに神泉苑との関係が判り、あながち迷ったのも意味のないことではなかったと感じた次第(もちろん、神泉苑と祇園御霊会の関係は知っていたが、御供社が神泉苑の一角であったということは知らなかった)。

※最近は又旅社を正式名称にしているようで、御朱印も「御供社」から「又旅社」に変わったようだ。

又旅社(御供社)の概要

名称 又旅社(御供社)
通称 神社の通称
旧称 神社の旧称
御祭神 素戔嗚尊〔すさのおのみこと〕
櫛稲田姫命〔くしいなだひめのみこと〕
八柱御子神〔やはしらのみこがみ〕
鎮座地 京都市中京区三条通黒門西入御供町289番地
創建年代 貞観11年(869)
社格等 旧官幣大社八坂神社末社 (旧村社)
例祭 3月27日
神事・行事 1月27日/新年祭
4月下旬日曜日/春季祭並蘇民将来祈願祭
7月23日/オハケ清祓式
7月34日/又旅社奉饌祭
10月下旬日曜日/秋季祭並神恩感謝祭

交通アクセス

□地下鉄東西線「二条城前駅」より徒歩7分
□阪急京都線「大宮駅」より徒歩7分
□JR・近鉄「京都駅」よりバス
■市バス9・50系統「堀川三条」下車徒歩3分


※掲載の情報は最新のものとは限りません。ご自身で確認をお願いします。

スポンサーリンク
サイト内検索
広告レクタングル(大)




サイト内検索
広告レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする